2018年11月9日金曜日

”健康で働き続けられる職場づくり”着手します

イメージ写真はwebから拝借しました
唐突ですが最近の中小企業の倒産のいちばんの原因は人手不足だそうです。世間に名前も知られていない小さな会社が新卒を採用するのは相当至難の業になってきていていか人を雇うかという以前に今働いている人達が辞めないようにすることを考えないと仕事はあるのに受注できないということになるわけです。

人口減少とこれまで人類が経験したことのない高齢化社会ではいかに売り上げを伸ばすかということと並行して健康で長く働き続けられる職場を作るということが企業の生き残りの命題となりつつあるようです。

そこで我が社は!と言えばもっともらしくカッコいいのですが実情は多少違いまして。。
私自身が今の食生活ではまずいなと。仕事中の昼飯はできるだけ早く済ませたいので毎日近所の「山◯うどん」か「す◯家」で店に入ってほぼ同じメニューを頼み続けてこれまたせっかちで噛むのが面倒くさくガバガバかき込んで5分くらいで出てくるという生活を続けているのでさすがにこれはなんとかしないと体悪くするなと。

特にこれから寒くなってくるとメシのためだけに外に出るのも面倒だし食生活改善のために何かいい方法はないかなと考えていたところにドンピシャのFAXDMが届いたのが”ぷち社食”というコンセプト。仕出し弁当を取ろうとすると毎朝みんなの注文を聞いて、でも出先の都合で食べられなかったりして、食べたいモノも量も違うし、意外と揚げ物が多くてあんまり健康的ではないしと便利そうですが健康志向とは言えません。

今回採用を決めた”オフィスおかん”はコンセプトや仕組みがユニークでトライしてみようという気になりました。先日試食が送られてきて食べてみましたが美味しかったです。
そしてこれをスタッフにも食べてもらうにはテーブルを用意して、電子レンジにポットと、うむむトレイも必要だしえーとウェットティッシュとゴミ箱とパックを切るハサミもと次々といろいろな準備が頭に浮かんできました。

なぜそんなことに社長が真剣かというと”ぷち社食”導入という新しい試みを通じてスタッフには笑顔でランチを楽しんで欲しい(省エネという掛け声のせいで電気を消した暗い部屋でPCでインターネットを見ながら、周りに迷惑だからとイヤホンで昼飯を食べてる人が近くにいませんか??あれはどうかと思います。。)、そこでコミュニケーションが生まれてスタッフが元気で働くことが会社の元気になるんだ!と準備をしながら気づいたからです。

冷たい感じの休憩所を明るい雰囲気にするために今日は思い切ってカラフルな椅子をオーダーしてみました。それを見てスタッフがどんな顔をするか楽しみです。”ぷち社食”でスタッフがどうなったか、ならなかったかはまた後日ここで報告します。お楽しみに。

2018年11月3日土曜日

働き方改革継続中です

フリー画像を探したら出てきました。
バランス的にまだ仕事の方が重そう。。。
ガンバレ!乗ってるヒト!
今年は有給消化率30%を目指して記念日休暇(1日)やバカンス休暇(2日以上連続)の計画的な取得を年初に設定しましたがなかなかそれ以上の有給が申請されていないのが実情です。

当社の場合はB to Cビジネスですのでどうしてもお客様の都合に合わせざるを得ない場合が多くスタッフは振替え休日が多いのが理由のひとつです。

次の法改正では有給取得5日が義務付けられるそう(法律で義務化しないと休め(ま)ない日本人は世界的に話題になりそうですね)なので有給取得率向上には当社も仕組みとしてしっかり取組んでいかなければなりません。

短絡的には働く時間を減らしていかに儲けを維持するか、あるいは増やすかということに経営者は頭を悩ますことになるわけですが仕事には密度とか効率というのがある訳で、短時間で今まで以上の成果をあげるように諸々のシステムを構築し、効率をあげるのが正しい働き方改革だと思います。

私はポイントは2つだと思っています。ITとアウトソーシングを利用した自分達がやるべきコトへの集中と選択、そしてヒトのモチベーションの活性化。ヒトは感情で動く動物と言われる通り、暗い気持ちで働くのと明るく前向きに働くのでは10倍効率が違いますから。

多様な働き方が増えると管理する側の手間も増えて来ますがここは曖昧にできないのでクラウドの導入を考えています。現場への直行直帰が多いとタイムカードでは対応できませんのでスマホのGPS機能が活躍しそうです(見張られてる感が強くて嫌がられるかも??)。

ヒトのモチベーションのアップにはやはり福利厚生の充実。この会社で良かった。会社に行くのが楽しいと思われるような企画に取組んで行きます。先週たまたまFAXで飛び込んできた内容がおもしろかったので来週話を聞くことになっていて楽しみです。
難しいのがシステム化による仕事の脱属人化がやりがいを削ぐことにならないかという心配。気兼ねなく休みを取れることが自分自身の存在感が無くなるのではと感じない仕組みが必要です。そのためにスタッフには常に新しいことにチャレンジしてもらおうと思っています。

今は早く帰宅するクセをつけるために6月から毎週火曜日にノー残業デーを設定しました。総務からリマインダーメールで火曜日は「身の回りの整理整頓・明日の段取りをして定時で退社しましょう」と社員全員にメッセージを発信しています。毎週データを取っていて最近は火曜ノー残業100%が続いています。

これも全てお客様や協力企業様のご理解とご協力のうえに成り立つものですので今後とも高テク働き方改革よろしくお願い致します。

2018年10月27日土曜日

”貸すも、住むも、カスタムも「カスモ」” いよいよ群馬初上陸です!

タイトルの通り、群馬に海はありませんが初上陸です。

不動産部で昨年末から検討してきた戸建賃貸住宅「カスモ」の1棟目が契約になりました。大安の火曜日に地鎮祭を終えて地盤調査も完了(おかげさまで改良なしでOの判定が出ました)。順調です。

「価値」を自由に選べるひとつ上の戸建賃貸住宅。
「将来」を自由に選べる新しい土地活用。
キャッチフレーズの通り充実した仕様とコスパで不動産オーナー様への相続出口戦略商品としてみなさまに興味を持っていただいておりますが実はご自分で住むという方も多いのです。完成物件をご覧になって「この価格でこれが!?、これでいいな。いやこれがいい!」となるのです。

私もそろそろ子供たちが家を出て夫婦ふたりとなると魚釣りができる場所の近くで小さな家でいいのになーと思ってしまいますが何せお金が。。。
でもカスモならなんとかなるかなと思ってしまいます。できれば平屋がいいなー。
カスモ本部にお願いしてプラン作ってもらったら人気がでそう。

ご興味のある方は当社HPから資料請求してください。
11月末には高崎で紹介セミナーも開催予定です。※詳しくはまたブログで紹介します。

そうそう、それと今週末はまたしても高崎問屋町のビエント高崎で、今度は上州どっと楽市出店していますのでみなさまぜひお出かけください。今回はガーデン部門をメインにブース作ってます♪

2018年10月20日土曜日

安心してくだくさい ”https” ですよ

インターネットを開いた時にこのマル印のところがhttpsとなっていれば安心
「安心してください○○○ですよ」というのはすでに忘れ去られた?某芸人のフレーズですが歳を取るとお笑いの賞味期限が長くなり「なんちゃって」「ってか」などは現役バリバリ活躍します。

そのような話はさておき今週はITのお話。

拡大するとこんな感じ
当社のようにweb集客がメインの会社では常時SSL(https)対策がセキュリティ対策、SEO対策の両面から必須となっており先月末からH&G DESIGN.、H&G FABRICの両webページがスマホ対応と同時にhttps対応完了しました。

事の発端はというと2018年7月からのGoogle chromeのバージョンアップで
もちろんFABRICも
httpsに対応していないサイトは「保護されていません」≒有害サイトのように表示されるという発表。これでは訪問者が不安になってしまいせっかくのwebサイトを見てもらえないということになります。

これと合わせてhttps対応していないサイトはSEOでも掲載順位が下位となり、お客様の目に触れるチャンスが減ってしまうことからもはや自社webサイトのhttps対応は必須となってしまったのです。

もちろん費用のかかる話ですが訪れていただいたお客様の安全性、サイトの信頼性が高まり、なおかつSEO対策とhttp/2プロトコルが利用できてwebページの表示が高速化されるというメリットもあります。

余談ですがhttps対応のためにサーバーの引っ越しが必要になり、合わせてメールサーバーも引っ越すことになり、「明日からは新しいアカウントじゃないと送受信できないからね」とメールしたにも関わらず翌日は「送れなーい」「エラーが出まーす」「前のアカウント消しちゃってメールもアドレスもわかりませんーん」とてんやわんや。
頼むぞみんな、社長のメールを迷惑メールに指定してないだろうな。。。

当社は今後もITの変化に乗り遅れないようにがんばって、みなさまに安全なwebサイト運営を行ってまいりますのでどうぞ安心してサイト内のお散歩をお楽しみください。

2018年10月13日土曜日

濃密な一週間でした。そして新たなプロジェクトも始動します。

先週はオトナ博→2x4県産材生産現場視察→ISO更新審査と社内外のイベントで普段とは違った出会いや気付きがあり濃密で有意義な一週間でした。

会場入口の風景。3日間秋晴れに恵まれました。
  高崎市問屋町のビエントで6日、7日、8日と3日間行われたオトナ博では当社ブースに多数のご来場をいただきありがとうございました。
暑いくらいのお天気に恵まれてたくさんの人出で賑わっていました。やはりオトナ向けのイベントなので健康や投資に関するブースに人だかりができていて関心の高さがうかがえました。
当社ブース。ハギレの特売コーナーは特に人気で常に人だかりが。
一方立ちっぱなしで疲れたスタッフはマッサージのブースへ。。。
当社ブースはこんな感じで。ガーデン、建築、インテリア、不動産とスタッフ総出でおもてなし。どこの会場でもカーテン生地のハギレは大人気で、今回はクラフトフェアも同時開催だったのでついでによって「あらーモリス!?」とびっくりされているお客様もいてハギレがかなり当社の知名度アップにつながったと思います。

下仁田森林組合様の協力で普段は入れない伐採作業現場も見学
翌9日には群馬県産2x4材生産現場視察に参加。下仁田で木を切り出して乾燥・製材するところから太田でパネルに組み上げるまでの工程を一気通貫で見ることができました。実際の現場とそこで働く人達を自分の目で見ることで県産材がより好きになり当社も県産材普及に貢献したいという気持ちがさらに高まりました。

審査2日目の現場審査。慣れてきたとは言えやはり緊張します。
その翌日10日から11日にかけてはISO9001/ISO14001認証の更新審査。
日頃の仕事ぶりを審査機関の先生方に見ていただき、同業他社や他業界の良いやり方を教えていただいたりすることで改善の機会を見つけてレベルアップにつなげて行きたいと考えています。

カスモ本部の全面支援を得てパネルも展示。
本社から2名の営業応援にも来ていただき助かりました。
そしてオトナ博でもご紹介し、多くの方からお問い合わせがあったのが戸建賃貸住宅「カスモ」。現在不動産をお持ちの方から相続のご予定のある方、不動産業者様まで興味を持っていただけたようです。
そしてちょうど昨日、群馬で1棟目となるカスモが契約となりました。

イベント会場では「これなら自分たちで住んじゃえばいいんじゃないの??」というお手軽”スムモ”派も現れてこれからは住まいに対する価値観の多様化が進む中でカスモ/スムモは選択肢のひとつとして提案できるなという手応えを感じました。

当社10月にはもうひとつ、これもオトナ博と同じ高崎市問屋町のビエントでどっと楽市出展しますのでどうぞお出かけください!

2018年10月6日土曜日

今週はオトナ博@高崎ビエント全力出展中です


今週末の3連休は上毛新聞社主催オトナ博
高崎ビエントに出展しています。
暑いくらいの天候に恵まれてオトナの余裕を感じさせるイベントとなっています。




当社ブースも前日からスタッフ総出で建込みいい感じに仕上がっています。
だいぶイベント出展も慣れてきました。
今回は不動産部門の目玉として戸建賃貸住宅カスモ営業本部の協力を得て初の展示。
資産運用に関心のあるお客様は興味深く説明を聞いていただきました。

出演バンドも余裕のベテラン陣。陣内孝則さんトークショーは撮影不可だったので写真はご紹介できませんが満席の大盛況でした。さすが一流芸能人はトークがうまい!

外は美味しい食べ物屋さんが多数出店。通常のイベントだと人気店はお昼前に品切れなんてこともありますがこちらもオトナの余裕で行列を待たずに好きなメニューが選べます。

オトナ博は6日、7日、8日の3日間。今日は前橋祭りだったという人も明日はぜひビエント高崎までお越しくださいませ。スタッフ一同お待ちしております!

2018年9月29日土曜日

再生エネルギーの出力制御について

ちょっと前の新聞で気になる記事が出ていましたので紹介します。

”九州電力は7日、電力供給量が需要量を大幅に上回ることによる大規模停電を防ぐため、早ければ今月にも太陽光や風力発電の再生可能エネルギー事業者に一時的な発電停止を求める出力制御を実施する可能性があると明らかにした。これまでに離島での実施例はあるが、本格的なものは全国初のケースとなる。”(9月7日産経westより)

私が知らなかっただけなのかもしれませんが今回の北海道の地震での大規模停電メカニズムの解説と合わせて読むとなるほどと納得する話しでした。

”大阪電気通信大の伊与田功教授(電力系統工学)によると、電力の需要と供給のバランスが大きく崩れると、設備への負荷やトラブルを避けようとして、各地の発電所で電気の供給を遮断する安全機能が働く。今回の地震では、北海道各地で電気の遮断がドミノ倒しのようにいっせいに起こり、すべての発電機が電気系統から離れて広域で停電する「ブラックアウト(全系崩壊)」が起きたとみられる。”(9月6日朝日デジタルより)

これと同じ理屈で春や秋のエアコンを使わなくていい陽気の季節日中に再生エネルギーでバンバン発電されるとやはり電力の需給バランスが崩れてしまうので再生エネルギーの受入れを制限すると。製造業ならば需給のアンバランス対策として在庫を持てばなんとかなる(キャッシュフロー上はよろしくありませんが)のですが電気は在庫ができませんものね。となると出力制御の対象となった事業者は採算が大きく狂うわけで一大事となります。えー!ということは最初からお天気頼みの再生エネルギーの受け入れ枠を多くしすぎたのでは??という疑問も湧いてきます。

まあ細かい政治的な決めごとはともかくこれからいろいろな災害に備えることを思うと需給アンバランス解消のためにやはり安価な蓄電池の普及や、あるいは大規模な超電導蓄電施設などの技術開発に期待したいところです。

冒頭の話に戻りますが今回は電力の話ではありますが何事もバランスが大事というのを考えさせられた記事でした。
※今回の写真はいずれもwebから借用しました

”健康で働き続けられる職場づくり”着手します

イメージ写真はwebから拝借しました 唐突ですが最近の中小企業の倒産のいちばんの原因は人手不足だそうです。世間に名前も知られていない小さな会社が新卒を採用するのは相当至難の業になってきていていか人を雇うかという以前に今働いている人達が辞めないようにすることを考えないと仕事...