2018年1月27日土曜日

雪が降ると

寒いですねー!私が群馬に住んで20数年経ちますがこんなに寒い日が続いた記憶は今までにないです。会社周辺も雪が降って、この機会にこれからお家を建てる方に少し気にしてもらえたらと思ったことがあったので書いてます。※もうお家を建てた方はあまり気にしないでください。

雪が降るとやがて屋根の雪は溶けてしまいます。溶ける理由はもちろん太陽の力だったりもするのですが問題は”内側から温められた屋根”により溶ける場合。

以前群馬でも雪の多い地域のお客様宅に伺ったときに「近所の知り合いの人から可愛いお家ですね、どこでいくらぐらいで建てたんですか?」と聞かれ正直に教えたのですが「そうですか。。。その予算だと難しいかも。。。」と言われ、でもしばらく経ったらその知り合いの方はやっぱり可愛いお家を建てたそう。ところが「同じ屋根の向きなのにウチは屋根の雪が溶けないけど知り合いのお家はもう屋根の雪が溶けて無くなってるんですよ。何か融雪装置でもつけたんですかねぇ。」というのです。

私の生まれ育った新潟の魚沼地方は豪雪地帯で有名(子供の頃に比べればだいぶ雪は減りましたが)ですが、昔は男衆が週末にみんな屋根に上がって雪下ろしをしたものです。ですが最近は高齢化や仕事の多様化が進み、雪下ろしをできない家も増えてきたので、屋外に降雪センサーをつけて屋根には灯油でお湯が流れる融雪ヒータをつけたりして雪対策をしている家もあります(実際に私の実家がそうです。「冬の灯油代が半端ない」と家族は嘆いていますが安全安心には代えられません)。

しかし先程のお知り合いという方の家はそうでは無さそうです。となると屋根の雪の溶け方の差は断熱、気密(小屋裏への温熱漏れ)=省エネ性能の違いということになります。雪国の方でないとイメージがわかないかもしれませんが昔は家の軒先に大きなつららが出来ていました。あれはせっかくの暖房がみんな天井へ逃げて行って雪を溶かすエネルギーに使われていたからです。いくらストーブを燃やしてもなかなか温まらなかったり足元が寒い訳です。
もしこれからお家を建てる方は雪が降ったあとに周りのお家の屋根の雪の溶け方を観察してみてはいかがでしょうか。もちろん暖房の温度や住み方にもよりますが可愛い♡カッコイイ!という外観だけではわからない以外な家の省エネ性能が目で見てわかるかもしれませんよ。(文中の写真はフリー画像を拝借)

2018年1月20日土曜日

わたし流インフルエンザ対策

先週末から受験シーズンとインフルエンザの流行が一気やってきた感がありますが当社にとっても、スタッフがインフルエンザにかかったりすると本人や家族はもちろん大変ですがお客様とのお打合せの約束が延びてご迷惑をかけてしまったりと業務に与える影響は大きいです。

当社では今シーズンからスタッフのインフルエンザ予防接種費用を一部負担する制度を設けました。注射をしたからといって100%かからないというものではないらしいですし、個人の体質やポリシーもあるので強制ではありませんが、私個人は毎年11月頃には予防接種受けています。※最近知ったのですが医院によってだいぶ価格差があるようなので事前に調べてから行った方が良いようです。

ということで今日はwebやマスコミで紹介される予防法もありますが私が実際に実践している「わたし流インフルエンザ対策」をご紹介します。このおかげかどうか私はここ数十年インフルエンザにかかっていません。

1)帰宅時の手洗い
  鉄板ですね。医院や食品関係の職場にお邪魔した時に手洗いの指導を受けたことがあり、それ以来真似をして丁寧に洗うようにしています。ただし石鹸を使っての洗いすぎも良くないと聞くので念入りに洗うのは一日一度だけです。家族には毎回石鹸使えと不評ですが。。。
また30秒洗うのであれば石鹸をつけてすすいで15秒x2回の方が断然除菌効果はあるそうです。

2)ビタミンCの摂取
  これも何かで”ばい菌をやっつけるには大量のビタミンCが必要でそれを全て食べ物から摂取するには限界があり。。。”という記事を読んでからサプリで摂ってます。以前仕事の関係で海外で単身赴任する機会があり、食生活の中でビタミンCを摂るのは難しかったのでサプリを購入して以来ずっと続けています。最近はコストコで定期的に買ってます。ウチの子供達もオヤジが風邪をひかないのはこいつのせいだと思っているらしくちょっと風気味になったりするとこっそりビタミンC飲んでいるようです。

3)風呂でのどを温める
  これもどこかで記事を読んでへーと思ってから実践しています。風邪をひいてのどが痛くなるのはのどでばい菌をやっつけるために戦って炎症を起こしているからでその部分を湯船に浸かった時に意識的に温めることで抵抗力が増すというような説明だったと思います。夏場はずっとシャワーなので実践できませんが冬場は30秒-1分ぐらいのどまで浸かってます。長くやり過ぎるとのぼせてしまうかもしれないのでご注意を。

4)電車ではマスク着用
  諸外国ではマスクで外出というのは気味悪がられるようですが日本では特に抵抗もないので冬場電車で東京などへ出張の際はマスクをするようにしています。運良く座れるとついつい寝てしまい、起きたらのどがガラガラなんてことがあったものでそれ以来保湿と防御の両方のために実践しています。

5)帰宅時にうがい
  わたし達の年代だと学校でも盛んに手洗いとうがいが励行されていたのですが最近テレビの特集で実はうがいはインフルエンザ予防にはさほど効果がないと報じられていてがっかりしたのですが。。。これはもう習慣の問題でなんとなくスッキリした感がするのであえて止めずに続けています。

6)一日コーヒー飲み続ける
  1)-5)は特別なことではないのでみなさんやってる方も多いかもしれませんがこのコーヒー1日飲み続けるというのは珍しいのではないでしょうか。もともとコーヒー好きなのと、一気に飲み干すタイプではなくチビチビひとくちずつ飲むタイプ(出先でこれも家族に嫌がられますが)なので結果一日コーヒーを飲み続けているということになります。コーヒーがいいかどうかは別にして、これは結果的に水分を補給することになって風邪の予防や健康の観点からすると理にかなってはいるようです。一方でカフェイン中毒急増という記事が気になったりもしますが。。。

今日紹介したのはあくまでも”わたし流”で特に医学的根拠があるわけではありませんのであしからず。今は情報が溢れていて何が正しくて、どればベストなのかわかりませんが長続きするということは自分に合っているのだろうなと、風邪をひかないのはこいつのおかげなんだ!と思って続けています。

みなさんもこれは手軽でいいよ、という健康法があればぜひご紹介ください。
(写真はフリー画像を拝借)

2018年1月13日土曜日

当社も働き方改革チャレンジ中

世間では盛んに「働き方改革」が叫ばれていますがいざ自社でやろうとすると大変です。
それは「幸せの価値観」が人ぞれぞれ異なるからです。

当社の取組の一例として、スタッフ全員に年間3日間の有給取得日を予め宣言してもらい
それに向かって仕事の効率化やタイムマネジメントの改善を図ろうという活動を始めました。一日は記念日休暇。残りの2日は週末や連休に合わせてバカンス休暇。休む側とすれば安心して(休暇中にメールや携帯を気にせず)休めるように資料の保管場所や問い合わせ対応のマニュアル整備などが必要になり仕事の標準化も進む(はず)という目論見で会社もスタッフもメリットが出る(はずの)取組です。

しかし本音となるとなかなか難しいようです。
時短が進めば「家族で旅行に行ける」「趣味の時間が充実する」という人もいますが中には「そんなのいいから給料を上げて欲しい」「早く帰ったら売上も落ちてしまう」という人もいるでしょう。要はバランスだと思うのですが時間はあるけどお金が無い、お金はあるけど時間が無い、どちらもあまり幸せとは思えません。

そもそも時間やお金の「ある/足りている」「無い/足りていない」の尺度も人それぞれ。また同じ人であっても年齢が進み家族の状況が変わることによって言うこと(=価値観)は変わるでしょう。やはり価値観というのはひとくくりにして語れるものでは無いのでモノゴトを進めるというのは難しいです。

みなさんの職場ではどんな取組をしていますか?働き方改革で「前より幸せになった」と感じますか?悩んでも答えは出ないので当社では良いと思ったことからコツコツ取り組んで、この活動を通じてスタッフみんなの仕事に対する価値観もまとまったらすごいパワーになるので、それをお客様にも感じ取ってもらえることを期待しながらがんばります。

2018年1月7日日曜日

代表ブログ始めました

新年あけましておめでとうございます。高崎テクノ代表目黒です。

2018年1月から代表ブログを始めました。スタッフのブログは”モノづくり”の情報発信がメインですが私のブログでは”会社づくり”の日々の様子を少しずつご紹介したいと思います。時々ネタに困って愚痴や感心・感銘を受けた時事ネタや趣味の自慢話も交じるかもしれませんがこのブログを読んで高崎テクノって面白いな、がんばってるな、これは応援したいな、いやここで働いてみたいな!と思っていただけたら幸いです。ではブログスタート。

会社を安定的に経営し成長させることが経営者の使命ではありますがお客様からご注文をいただいた仕事をしっかりとやれるのは信頼できるスタッフがいてこそです。そのスタッフひとりひとりが安心して、お客様のサービスに集中できるような会社づくりをすることが私のいちばんの役割です。

スタッフはお客様に喜んでいただけるサービスを提供する。
私はスタッフが安心して、やる気をもって仕事に邁進できる会社づくりをする。
だからいい仕事ができて、またお客様にご指名・ご紹介をいただける。
それを見てここで働きたいという仲間が増える。
仲間が増えたらもっと多くのお客様に私達のサービスが提供できる。
こんな理想に向かって日々奮闘しています。

「世界が注目する元気なまちをつくる」会社の視察に参加してきました。

こんにちは。今週は気持ちよく晴れてお出かけ日和ですね。 私も昨日はいつも東京へ通っているビジネス研究会の企画で静岡県三島市へ「世界が注目する元気なまちをつくる」加和太建設様の取組を見させてもらいに行ってきました。  当日は河田社長の講演を皮切りに「 伊豆ゲートウェ...