2018年4月7日土曜日

技術は日進月歩、日々勉強です

今週は2日間省エネ技術の勉強会と、同じ様な取組をされている全国の経営者の方々との交流会に参加してきました。定期的に開催されるのですが毎回いろいろな刺激を受けて帰ってきます。

今回特に目をひいたのはドローンを活用したソリューションとしての建物、太陽光パネルなどの診断への応用でした。ドローンはどちらかというと機体の技術開発が先行していてそれを街なかで飛ばしたりするための法律や規制などの運用面が追いついていないのが実情のようです。昨日までできなかったことが、明日には技術革新で可能になり、思いもよらなかった分野での可能性が出てきたら規制の改定が追いついていかないのは当然ですよね。これからインフラ整備のためにドローンのエキスパートを育成する機関が全国に設置されるようです。

私達の現場から見るとやはり高所での危険な点検作業や広大な敷地調査をドローン化することで安全性と効率が高まり、お客様にとっても費用と時間の短縮ができる上に精度も増すというメリットがあります。
会場から見た東京駅前の風景
そうなると次のステージとして期待するのはドローンの映像技術による診断だけではなく遠隔補修。カメラから送られる画像を見ながらウィーン、ウィーン、ガガガ、ピューって、まるでSFのような世界がもうそこまで来ているというのを今回実感しました。

またそのようなまだ誰もやったことがない技術に情熱を持って取り組んでいる方々の熱に触れることは私達の普段の事業の可能性を追求するうえでもとても参考にもなり、励みなった2日間でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

月の土地持ってますが。。。

今週は 伊勢崎市でOPEN HOUSE開催中 で現地からブログ更新します。 巷では民間人初の月旅行で日本人社長が予約したことで話題となっていますがそうなると私も気になることがありまして、実は2002年に月の土地を購入しているのです。 月の地図に赤いポッチがついていて、...