2018年8月25日土曜日

原宿で元気と勇気をいただいてきました

ここが原宿?というほど落ち着いた店内、会議室OA、電話室も完備されて
至れりつくせりのワーキングスペース。ちなみにこの壁の裏は加和太建設様
で働くみなさんのオフィスです。おしゃれ!
昨日は2ヶ月に一度の東京での勉強会。当社と同じような事業に取り組む建設関連の企業が全国から集まります。そこで講演をされた静岡県三島市の加和太建設様
が運営するコワーキングオフィス&カフェが原宿にあるというご紹介があり「原宿!?ホント??」ということで品川からの帰りにその足で原宿へ探検に行くことにしました。

いやー夏休みで人多し。竹下通りでは外人さん達も記念写真撮りまくり、完全にお祭りです。そんな中をビジネスバッグをもったワイシャツ姿のおっさんが人をかき分けて進む姿は逆に異様に写ったかもしれません。Google MAPを頼りにこの辺かとひとつ通りを曲がるとうって変わって落ち着いた静かな通りに出ました。ほーここの3Fかー。

エレベーターを降りると確かに先程の講演で紹介されていたお店です。田舎者なのでおしゃれな空間に入る時はつい恐る恐るとなってしまうのですが「あーこれはどうも!」と先ほど講演されていた川合取締役がいらっしゃって(嘘じゃなかったんだと内心ホッ)どうぞどうぞと丁寧に、そして気さくにいろいろな話をしてくださいました。

いろいろなことにチャレンジして失敗もしているけどそれを恐れていたら何も変わらない、自社のコンセプトに会えばジャンルを問わずやってみる、という姿勢に感銘を受けたと同時に自分の立場に置き換えて改めて新しいことにチャレンジし続けるぞ!という元気と勇気をいただきました。

外に出て普段会えない人と会って刺激を受けるというのはやはり大事ですね、昨日はホントにすごいな!と思える会社様と実際にそれを動かす人とお話が出来て有意義な出張となりました。ウチも少しでも近づけるようにがんばるぞ!

2018年8月18日土曜日

「へぎそば」おススメです

お盆休みも終えて当社は通常営業に戻っています。みなさんはどんな夏休みを過ごされましたか。

私は特別なイベントは無く、釣りにいったり恒例の実家の墓参りに家族と出かけてのんびりと過ごしました。そういう訳で今回は実家へ戻るといつも食べたくなるの「へぎそば」を紹介します。

写真は5合(5人前)。私が良く行くこちらのお店は
お盆には帰省した家族連れが多く昼時は1時間待ち。
子供からお年寄りまでみんな大好き、美味しいですよ!
私の田舎では「そば」と言えば「へぎそば」で、初めて田舎を出て十割そばなるものを食べた時の「なんだこのボソボソの短いそばは??」と思ったのを今でも覚えています。また地元ではみんながその量を知っているので「へぎそばを一升食べた」というのが大食いの代名詞にもなっています。

その後東京に勤めていた時に「へぎそば」の看板を見つけて入ったものの味は本来のものとは程遠く、そのお店がそうだったのかもしれませんが地元のモノは地元で食べないとだめなんだなという経験も。

小千谷、十日町、長岡周辺にはたくさんの「へぎそば」のお店があり味も喉越しもそれぞれなので魚沼方面へ出かけた際にはいろいろと食べ比べて自分好みのお店を見つけるのも楽しいかもしれません。夏にはつるつるといくらでも食べられちゃう「へぎそば」おススメです。

2018年8月11日土曜日

今日から夏休みです

当社も今日から15日まで、短いですが夏期休業とさせていただいております。
私も今朝は久しぶりに目覚ましをかけずゆっくりと起きてブログを書いています。

日の出直前の榛名湖。釣り人のテンションMAXの瞬間です
私のお盆休みはというと毎年「釣り」→「お墓参り」→「家族で買い物(私は運転手ですが)」→「庭の手入れ」→「釣り」とあまり遠出はしません。家族からどこかへ連れて行けーみたいなリクエストもないので気のむくまま自由な時間を過ごせるのでそれが一番の贅沢だと思っています。

振り返ってみるとどこへ行くにも子供達がくっついてくる時間でほんとに短いですね。知らないうちに成長して自分達なりのコミュニティができて。いつもお家を建てる子育て世代のお客様にはお話しているのですが、今は子供中心の生活しか想像できないかもしれませんが後でその時間の短さにびっくりしますよと。だからこそ家族揃って過ごせる時間を大切にしたいですね。

お盆休み中の関東地方はちょっと傘マークの天気予報となっていますがみなさんも思い思いの夏休みを満喫してください。

2018年8月4日土曜日

気兼ねなくみんな笑顔で有給取得できる職場を目指しています

暑い!とにかく暑い!この夏は異常な暑さと言われていますがゆくゆくは温暖化が進みこれが”例年通り”と言われるようになるのかもしれませんね。。

どんどん暑くなる夏を元気に乗り切るために当社も欧米並みのバケーションが取れるような会社を目指して鋭意働き方改革中です。
オフィスのタイムカード刻印機の横に
貼ってあります
日本人のメンタリティとして仲間が働いている時に自分だけ休んで、しかも元気に遊びに行くのは申し訳ない的な心情があるかと思います。しかし欧米ではプライベート重視でバケーションは絶対です。私もアメリカ人と5年間仕事しましたがどんな重要なプロジェクトの納期がせまっていようとも、どんな重要な来客があろうともバケーションのスケジュールは絶対に変えませんし、それに対して相手方も「あ、そう。それはしゃーないね、いいねー」という対応でした。おそらく自分のバケーションもじゃまされたくないから相手のことも非難しないのかなと思ってしまいますが。。。

私自身は欧米の働き方肯定派で社員がバケーションを取って人生を楽しんで、周囲から羨ましがられるような働き方をして欲しいと思っています。といいますかそういう会社にすることが私の仕事ですからこの写真の通り、ただむやみやたらと「早く帰れ」、「休みを取れ」と言うのではなく外部をうまく活用したり、仕組みを変えて、誰でも休み中の対応が取れるようにして、お客様の利便性を損なうこと無く、気兼ねなく休めるように改革を進めて行きます。

社員にしてみると慣れたやり方をどんどん変えるので迷惑かもしれませんし(休みたいけど自分のやり方を変えるのはイヤというジレンマ)、新しいことにチャレンジして行くので時折失敗することもあるかと思いますが日々改善に努めてまいりますのでどうか温かい目で見守っていただけるとありがたいです。

私自身は夏の釣りは涼を求めて毎週榛名湖へ。今週も朝は19.5℃、
昼間も26℃までしか気温上がらず快適でした。が、釣果は。。。(¯―¯٥)
スタッフみんながお客さまや協力業者さまに堂々と「明日から2週間バケーションっす!」と言えて「いいねー、気をつけていってらっしゃい!」と普通に言われるようになるのが当面の目標です。

「屋根トラス」第1号を東松山で建築中です

おはようございます。今日は全国的に大学入試センター試験ですね。ここ高崎は雪も降らず、風も比較的おだやかです。インフルエンザもまだ大丈夫?かな。受験生のみなさんが余計なことを気にせず普段の実力を発揮できるよう健闘を祈っています(ウチの子を含む)。 昨日の建方の様子。 今ま...