2019年1月19日土曜日

「屋根トラス」第1号を東松山で建築中です

おはようございます。今日は全国的に大学入試センター試験ですね。ここ高崎は雪も降らず、風も比較的おだやかです。インフルエンザもまだ大丈夫?かな。受験生のみなさんが余計なことを気にせず普段の実力を発揮できるよう健闘を祈っています(ウチの子を含む)。

昨日の建方の様子。今まさにトラスが

取り付けられようとしているところ
さて今日のタイトルの「屋根トラス」ですがすごくいいです。当社としてはパネルメーカーとの協業により、今回東松山市での分譲1号棟で初めて採用したのですが、これから人口減で家余りの状況が進む中で持ち家に求められる条件の一つである”資産価値を永く維持する”ために屋根トラス」が持つ様々な特徴は大きなアドバンテージとなります。分譲住宅を求められるお客様の合理的な思考にぴったりの商品とも言えます。

当社ではすでに「家価値60年サポート」という定期点検とクラウドによる履歴管理を連動させたサービスプログラムをスタートさせていますがこういったソフト面に加え、ハード面でも大空間の木造建築が可能な「屋根トラス」を採用することにより将来のリフォームの際に間取りの制約が大幅に解消され「永く住みやすい」「売りやすい・買いやすい(もともと2×4構造で耐震性、防火性で有利な上にリフォームの自由度が加わることで家としての価値がさらに永く維持されるため)お家となります。

昔ながらの終身雇用制からより良い条件、理想の働き方を求めて住む場所も(国も??)変えるというボーダレスでダイナミックな時代に「戸建てで伸び伸びと子育てしながら暮らしたいけど持ち家はなぁ。。。」と躊躇されていた方々にとって永く家の価値が維持される「屋根トラス2×4」は住み替えが当たり前時代に対応した住居選びの選択肢のひとつとして注目されるでしょう。

2Fフロアから見上げる屋根トラス構造
そして最後に、なんと言っても構造がカッコいいです。こればっかりは主観的なモノでなんとも言い難いですが三角形の組み合わせによる幾何学的なフレームが幾重にも重なって見える屋根はカッコいい!

トラス屋根は工期も短縮になるため見る機会はほんの一瞬しかありませんがぜひ一度現場で現物をご覧になってください。お問い合わせお待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「世界が注目する元気なまちをつくる」会社の視察に参加してきました。

こんにちは。今週は気持ちよく晴れてお出かけ日和ですね。 私も昨日はいつも東京へ通っているビジネス研究会の企画で静岡県三島市へ「世界が注目する元気なまちをつくる」加和太建設様の取組を見させてもらいに行ってきました。  当日は河田社長の講演を皮切りに「 伊豆ゲートウェ...