2020年8月8日土曜日

今年は特に熱中症に気を付けましょう

 

先日プロフィールの認証で年齢を会社の設立日にしたばっかりにロックされていた当社のアカウントが無事にロック解除になりました👏

それにしても変更の送信前に何の確認もなく一発ロックって。。。Twitter社に一体何があったんだろうと思っちゃいますよね(実際メジャーなアカウントの乗っ取りがあったらしいですが)。結局ロックの解除には3週間かかりました。当社はTwitterからの受注活動はしていないので良かったですがこれが受注窓口だったらと思うとぞっとします。また3週間も更新されないとフォロワーも??てなりますよね、以後気を付けます🙇では今週もブログスタート。

今週は遅ればせながら熱中症予防の講習会に参加してきました。建災防の案内が回ってすぐに申し込んだのに満席で急遽設けられた臨時会にようやく滑り込みで受講することができました。建設業の現場での熱中症に対する意識の高さと注目度の高さがわかります。
今年も梅雨が長くて外仕事が進まないわーなんて言っていたと思ったら梅雨明けは連日の猛暑日。いちばん熱中症になりやすいパターンです。人の体には順応性というものがあるので1週間ぐらいすれば慣れる(といってもやはり暑さは要注意)のですが0から100みたいな気温の変動にはさすがについていけません。

熱中症の予防と言えばみなさんすぐにこまめな水分補給が思いつくかもしれませんが体から失われるのは「体液」なので「水分」だけを補給してもカラダは「余計な水分が増えた」と判断してせっかく摂った水分をまた対外へ出そうとしてしまいます。汗をたくさんかいた時には「水分+塩分」で「体液補給」を心がけましょう。そして少しでも動作や言動がおかしいな?という人がいたら「大丈夫?」の声掛けを忘れずに。これは逆に自分が異常を感じた時も同じです。「ちょっと具合悪いんだけど。。。」と声をあげてください。熱中症で搬送される方の中には遠慮して具合悪いことが言い出せずに症状を悪化させてしまうケースがあるそうです。日本人の美徳とされる”遠慮”ですが熱中症予防では御法度です。お互い言い出しやすい環境づくりを普段から心がけましょう。

ちなみに熱中症対策として私が今年購入した(去年買おうとした時には市場に在庫なしでした)空調服はハイテクでスマホから電源のon/off、風量調節が出来ます。
何よりバッテリーの残量が表示されるのでその日の作業時間や暑さに合わせてバッテリー切れにならないように管理できるのがありがたいです。

実は空調服、趣味の釣りにも使ってみましたがいいですよ☺毒虫/毒草対策にもなるし夏の必須アイテムになるかもしれません。今はレジャー用などにも空調服ブームが広がっていろいろデザインも選べるようなのでぜひ一度お店でご覧になってはいかがでしょうか。

さて最後に、当社は8月9日(日)から15日(土)まで夏季休業とさせていただきます。
それなので私のブログも1週お休みとなりますが休みの間にネタを仕込むようにあれこれやることは考えています。新潟の実家からは「今年は帰省禁止」の連絡が来たので新型コロナ感染に気を付けながら自宅周辺で過ごす夏休みとなりそうです。
みなさまも熱中症とコロナ感染に気を付けながら良い夏休みを!(^^)!

2020年8月1日土曜日

こんな時こそSDGsの取組進めます

今週は過去に2度採択されて販路開拓に活用させてもらった小規模事業者持続化補助金コロナ枠の〆切が間近なので商工会議所の指導員の方や専門家先生のアドバイスをいただきながら申請書の仕上げをがんばりました。一人でやっていると煮詰まってしまいますが第3者目線で見てもらうと新たな気づきがたくさんあり、やりたいことの必要性やストーリーがすっきりしました。今回申請分の採択結果が出るのは9月末なので楽しみに結果を待ちたいと思います。

さて、関東地方はだんだん陽射しが戻ってきて、長かった梅雨もいよいよ明けて、さー動き出すか!というタイミングで新型コロナの感染拡大のニュース。さすがに気が滅入ってしまいそうですね。

何度もここでも書いていますがこんな時こそ何かを変える、新しいことを始めるチャンスだと思うのです。困った困ったと言って問題が解決したり、事態が好転することはありません。カラ元気でも続けていればホンモノの元気に変わるものです。※
別に当社がカラ元気で頑張っているという訳ではありませんので誤解のないようにお願いします。

当社は今期SDGsの取組始めますよというのは以前書かせてもらいましたが、何をどう始めるんだという話でまずは自社がSDGsに取り組んでいることを社員が意識するようにということで掲示板にロゴを掲示しました。

今後はSDGsに縛られるのではなく、SDGsを経営課題解決のエンジンとして活用しながらまだまだ続くであろうコロナ禍を乗り切って、次世代により良い社会資産を引き継ぐことができるようにしたいです。

今月25日にはSDGsの活用セミナーが産業創造館で催されるということで早速申し込みました。毎日が勉強、新しいことをどんどん取り入れながら世の中の変化に必死で食らいついていきます!

2020年7月25日土曜日

テレワーク完全対応目指して業務改革進行中です

当社は春先の自粛期間中にSNSでの情報発信強化宣言をして、実際にTwitterのDMから雑誌の取材申込みがあったりと手応えを感じて、最近はよりお客様が知りたい情報に特化したアカウントをということでTwitterアカウントをリニューアルをしました。

これまでは住宅部門のアカウントひとつで外構もインテリアも省エネ・営繕も呟いていましたがTwitterの場合お客様はアカウントの投稿から自分の気になる情報を探すのではなく、興味あるワードを#で検索するので当社も投稿の専門性を高めるために各事業毎に独立したアカウントを新たに作成しました(@高崎テクノで検索してください)。

それにあわせてプロフィールも見直さないとといろいろいじっていたら「あれ?誕生日がある。前はこんな項目無かったような。。。」でもまあ企業の公式アカウントとして会社設立日を入れとくかと当社の設立日を入力したとたんになんの確認もなくロックされてしまいました。13歳以下と判定されたそうです。私はもう半世紀以上生きているのに。。。

よくよく調べるとこれは企業アカウントあるあるで検索すると結構みなさんやらかしてます。年齢認証は2018年頃に追加になったとのこと。しょうがないので私の免許証をスキャンして送信したら現在は確認作業中なのでしばらくお待ちくださいとのメールが来て早一週間が経ちます。webでは6時間で解除になったとか1日だ、いや数カ月かかったといろいろな書き込みがあってどれも本当なのでしょうが困ったものです。なのでポータルには現在ごめんなさいの情報を掲載しています。それでもめげずにSNS活用がんばって行きますよ!では今週もブログスタート。

世間はこの連休も新型コロナの感染予防と経済活性化のためのGO TOキャンペーンのせめぎ合いが続いていますが当社は引き続きテレワークの完全対応目指して業務改革進行中です。

以前ここでも書きましたが「押印業務」に関してはハンコそのものを社内文書では廃止する方向で「承認」に舵を切り、シャチハタの”クラウド決裁”はトライアルをしたものの本採用は見送り、サイボウズ”キントーン”を採用しました。サイボウズ”オフィス”とどっちにしようか迷いましたがまずは社内業務をアプリ化して整理したかったのでキントーンで。

社内文書をアプリ化する過程は「そもそもこれいるんか?」とか「これは決裁」「これは承認」「これは確認だけでOK」とムダを無くして本来あるべき姿を創造するきっかけにもなります。

身近なところでは物品の購入や経費の精算などはペーパーレス化と外出先での決裁が可能となり、紙と違ってエビデンスもしっかり残るので便利さを実感しています。

ゆくゆくはメールやカレンダー共有など現在バラバラのプラットフォームをサイボウズ”オフィス”に統一するのもいいかなと思っています。それと今は固定電話問題のソリューションとして”モバビジ”も気になっているところです。通話品質とFAX対応が担保されればすでに全スタッフスマホなのですぐにでも切り替えたいですね。

当社ではこのようなロードマップを社内で共有してテレワークの完全対応を目指しています。そしてこの先どのような環境になってもお客様への変わらぬサービスが継続できるような体制づくりに励んで行きますのでよろしくお願いします。

2020年7月18日土曜日

長雨の影響で30年ぶり!?に傘を新調しました

おはようございます。高崎は今日も雨。内山田洋とクールファイブみたいです(古っ!)。今年の梅雨は本当によく降りますよね最近の悩みは家の庭にやぶ蚊が多く、クルマに乗るときに必ず何匹か乗車してきて、会社に着く頃にはボッコボコに刺されてしまうことです。今年はコロナの影響でいろんなところで換気が叫ばれているので蚊対策もいろんなモノ・方法が出てくるのではないでしょうか。ちなみに私の生まれ育った新潟では蚊に刺されることを「蚊に食われる(正しい発音は「かにかれる」)」と言います。では今週もブログスタート。

左が30年モノ。比べるとちょっと大きいですね。
長雨関連で先日傘を新調しました。正確に言うと傘を買ってもらいました。常日頃から家族に「モノゴトはタイミングだから」と言い続けているのが効いたのでしょうか。

家でたまたま雨が続くねという話から「オレ今一番欲しいのは折りたたみ傘かなー。もう30年も使ってるのが壊れて破れ傘刀舟(これまた古っ!)みたいになってるし」というのを家人が聞いていて→もう誕生日は過ぎているけど「今」一番欲しいモノも来年買ったら文句言われるに決まってる→じゃ来年の分買っちゃうか→となったらしく娘と金を出し合って(その配分でまたもめたらしいですが)折りたたみの傘をプレゼントしてくれました。

以前東京へ通っていたころは上野から御徒町までの距離を歩いていたので折りたたみ傘は必須で持っていたのですがちょっと大きくてかさばるものの、これ以上小さいと事実上役に立たないというジレンマを抱えながらこれを使っていました。当時としては”ワンタッチ”の折りたたみ傘は珍しく、工場見学でもらったのですが会社様の先端技術力をアピールする狙いもあったのかもしれません。

さすがにこれは止めてくれと。
木綿糸だと縫ってもすぐ切れます。
私もいつか買い替えよう、買い替えようとは思っていたのですが群馬ではほとんどクルマ移動なのであまり傘を使う機会がなく、せいぜい強い雨の日に駐車場からお店までの距離ぐらいしか使わないので、そうこうしているうちに雨の季節が終わってまた翌年とここまで来ていたのです。

ですがさすがに昨年あたりから開くたびに骨と生地の縫い目にほつれが生じて、その度に昔出張先のホテルでいただいた裁縫セットでせっせと補修していたのですがその話を聞いて家族もさすがにそれはもう止めてくれと。恥ずかしいと。

いろんな意味で話題の「前橋のロフト」で買ってくれたようです。コンパクトなのでカバンにもピタッと入ります。日傘としても使えます。開いたら5角形なんですね。傘をさして歩くとソーシャルディスタンスをキープできるという話もあるので普段から使おうかな。

新しいのは5角形で内側は遮熱?の二重構造です。
意外とありますよね、自分は気にしないんだけど周りから頼むからもう止めてくれと、勘弁してくれとプレゼントされるパターン。あれ??私だけでしょうか。。。

今週はチキンレースで耐え切れずにプレゼントというパターンで来年の誕プレ候補を前倒しでもらったというお話でした。

#内山田洋とクールファイブ #破れ傘刀舟

2020年7月11日土曜日

「外食の時にマスクをどうする??」問題について

なぜか煙まみれになってもいい服装と言ったらなんの相談もなく
家族全員がユニクロ(GU?)で買ったスターウォーズTシャツで爆笑
今週は休みのランチに自粛明け初めて家族で外食しました。ちょうど先週、今週と下の子の誕生日と私の誕生日もあったので、最近はテイクアウトはあっても外食は無かったのでまずは体を慣らすための誕生祝いメシに自宅から歩いて3分の焼肉「雷門」へ。

11時半からのランチなので混まないうちにと11時半きっかりに家を出たのですがすでに煙をもうもうとあげて焼肉を頬張る先客がちらほら。

ホルモンもハラミも焼きすぎ注意。
私はいつも「まだ!」と怒られますがドンマイ。
一応換気を心がけて窓を開けて換気扇も回しているのですが煙もうもうは変わらないです。悪い意味ではなく、いい意味でですよ。およそ半年ぶり??で家族全員大好きなお店がどうなったかと心配していたのですがいつも通りの煙で安心しました。強いて言えばやはり自粛期間中に時間があったのでしょうか、油まみれでよく見えなかった壁のメニュー札がきれいに拭かれていたというところにコロナの影響を感じました。

雷門のランチ定食、おススメはコスパ最強のホルモンなのですがこの日は二人誕生祝いメシなので奮発してハラミ(売切れ注意)、ザブトン(最近メニューに追加)、カルビ(鉄板メニュー)の各定食と単品でホルモンを注文しました。一人当たりの単価が千円を超えるので私としてはかなりの高級ランチです。

私のお気に入りの「黄金のらーめん」。コショーは最初から適当にかかって出てきます。レンゲもついてきません。初めて来た頃に何でと聞いたら「うちは焼肉屋だから」と素晴らしい答えをいただきました。業界は違えど同じ商売をするものとしておおいに参考にすべき潔さです。またこのらーめんが旨い。定食の汁物としての量も絶妙。私普段は汁は飲み干さない派なのですが雷門のらーめんだけはいっちゃいます。

前置きが長くなりましたが今日のお題は「食事の時にマスクどうする??」。このランチの時は私は焼肉臭でマスクをひとつ捨てることが明らかなので家からはマスクをせずに行きました。相方と娘は人目を気にしてか、それでもやはり使い捨てではなく「洗えるマスク」をして行きました。そして料理が出てくると二人は驚いたことに片耳にマスクをかけて食べ始めたのです😨

「なんで?」
「置く場所ないじゃん。それに置いたらもうマスクもテーブルもアウトでしょ。」
「じゃポケットに入れるとか」
「ポケットもアウトでしょ。表面触ったらもう意味ないし。」
珍しくウチの女子部が正論を言うので困りました。
そして彼女らはバブルの頃のワンレン女子がらーめんをすするのと同様片手でマスクを押さえながら焼肉らーめんライスを完食してみせたのでした。

絵で描くとこんな感じになります
確かにそう考えると巷で流行っているマスクケースみたいなのも使い捨てにしないといかんということになります。一瞬でも外気に触れたマスクは捨てるか洗うまではもう耳から離れることはできず宙ぶらりんなのか。。テレビで見たあるレストランではマスクを置くための清潔に管理された皿が出てきたりもしていましたがさすがにそこまでと私は思うのですが専門家から見ればこれは素晴らしい!となるのでしょうね。

正直みなさんどうしてます??
政府の要人や専門家の方々が記者会見でマスクがずれたのを直すと心の中で「ハイ触ったー」ってなりませんか??
その後は会見の内容よりも触った手が次にどこを触るかが気になって話が入ってこないなんてことになっていませんか??
自分も常にそういう視線にさらされるのかと思うと外出が億劫になってしまいますよね。

これから徐々に外食の機会が増えると思われますが悩ましい問題です。
私的にはあまりガチガチではなく、”ほどほどに納得できる”ソリューションが現れるのを期待する今日この頃です。

今週は家族と久しぶりに外食したらびっくりしたというお話でした。

2020年7月4日土曜日

働き方改革は「効率的」より「効果的」であることを常に意識したいです

今週は年に一度の健康診断に行ってきました。おかげさまでここ数年は多少の所見があったりはするものの要治療までは至らず、自分的には健康に過ごしています。

ただ今年は例年に比べて時間がかかりましたね。更衣室のロッカーを間引いて使い、都度消毒してとか、検査以外のコロナ対策にスタッフのみなさんも工数を割かれているようで大変そうでした。

さて、これは去年も同じことを書いたかもしれませんが今年も視力は両目1.5でした。娘に自慢げに話すと「うわっキモっ!」と気味悪がられるぐらいの視力です。検査担当の看護師さんからも「すごく目がいいですねぇ」と言われるのですが実際は「はいお名前の確認してください」のあの文字が見えなくて適当に返事してしまうぐらい困ってるんですよ。

昔は遠くの敵を早く発見して身を守るために遠くが見えることが目が良いという基準だったのかもしれませんが現代ではちょっと違うんではないでしょうか。裸眼で日常生活に困らないことを条件とした現代版の視力検査を開発して欲しいなと思う今日この頃です。では今週もブログスタート。

最近がっかりした話が例の定額給付金の「オンラインと郵送どっちが早い??」的なニュース。申請者がオンラインに慣れていないばかりか申請内容を確認するのは「ヒト」でその「ヒト」が慣れていなかったりミスがあったりすると。しまいには「お願いだから郵送にしてください」みたいな自治体まで出てきたりして。

結局申請の道具が置き換わっただけで確認の仕組み自体はオンラインも郵送も変わらないので慣れてる紙の方が処理する方は確実で早いというお粗末な結果だったのかと認識しています。

これは日本人がいかに全体最適システムの構築に慣れていないかというのがの如実に表れていますよね(上から目線ぽくて嫌な感じ)。先週ここで書いたように「そもそも」という発想がないと。オンライン申請で申請にかかる時間と情報の伝達速度が上がったのにそれを処理するのがヒトだとすればそこで情報の大渋滞が起こるのは誰が見ても明らか。部分的なスピードが上がってもボトルネックである人手による「確認」を不要にするようなシステムにしておかなければシステム全体の生産性は上がらなかったのです。

部分最適の和≠全体最適というのはもう20年も前にザ・ゴールが流行った頃にみんな周知の事実では無かったのかとがっかり。このがっかり感が思い出させたのが前職でアメリカ駐在中だった頃の違和感というかなんで??感。今ならなんとなくわかる気がします。

目の前で働いているこの男より私は明らかに仕事ができる(=処理能力がある)。
月曜日の午前中は週末にあった出来事を延々と仲間としゃべり続け、
金曜日の午後はその週末の予定を延々と仲間としゃべり続け、
本社の会長が視察に来ると言っても「ワイフの誕生日だから」と会社を休み、
定時になればやりかけの仕事も放りだして「Good bye, Mickey」と帰宅し、
庭にプール付きの巨大トランポリンありのベッドルームがいくつもあるような家に住む
この男より毎日遅くまで働いてるのになんでオレは給料も低く家も体も小さいんだ??

結論から言うと日本人は(上から目線で嫌な感じ)目の前の作業を”効率的”にすること(例
えば100枚の伝票の処理に1時間かかっていたのを30分にする改善をした)に一生懸命汗をかくのは得意なのですが全体を”効果的”にする(伝票の発行を不要にするなど仕組みの改善して企業の最大価値である付加価値=儲けを最大化する)のが苦手なので企業全体としての評価が世界的に見て低いという結果になっているのですね。
※トヨタの1/30の生産台数のテスラは時価総額ではトヨタ超え

なので働き方改革で世の中が「時間」にだけこだわっているのがちょっと気になります。
製造業の方は誰でも知ってる「動き」と「働き」の違いです。
一生懸命汗をかいて”動いて”も結果付加価値が上がらなければそれはムダな”動き”で”働いた”ことにはなりません。とくに間接部門のいわゆるホワイトカラーは要注意です。

これも前職で某自動車メーカー系コンサルに言われてはっとしたのですが
「この結論の出ない会議はなんなんですか。この時間にも現場の人たちは1分に1台とか、何秒に1個ってモノを作っているんですよ。それより高い給料をもらっているあなたたちはこの時間に何を作ったんですか。こんなことをやってたら会社つぶれますよ。」と。

働き方改革は本来単純に時間短縮する「効率化」ではなく、成果に直結する「効果的」な働き方に変えることを指標とすべきだと思っています(特にホワイトカラー)。汗をかいていれば「がんばってるねー」と言われる時代ではありません。今より汗をかくことを求められるより結果を求められる方がほんとは厳しいですよね。当社はそれが「効果的」であることを常に意識しながら働き方改革を進めて行きます。

今週はまた固い話に逆戻り。早く梅雨が明けないかなと思います。

2020年6月27日土曜日

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』。。超懐かしかった映画のお話

県をまたく移動が解禁になり、経済が動き出したらまた感染者が増加気味とまだまだ油断ならない新型コロナですが当社は先週会社スマホ全てに接触確認アプリ”COCOA”をインストールしました。本人はもちろん大切な人を守るために、もうひとつの目的はこうしたITを活用した技術がどのように使われて役に立つのか、役に立たないのか、本当に役に立つ使い方はどうなのかと考えるきっかけにするためです。「COCOA入れてみたんですよー」という雑談のネタにもなるので営業の際にもアイスブレイクに活用できます。
ちょっと気になるのはBluetoothを常時onにする必要があること。外に出かけていていちばんの心配事はバッテリーの消費なので常時onでどれだけバッテリーの消費が変わるのかこれからモニターしていきたいと思います。結果はまたここで報告しますね。では今週もブログスタート。

私以前ここで書いたように映画好きです(詳しくはなく、ただ好きというだけ)。
寝る前にケーブルテレビで録画しておいた映画を毎晩少しずつ(横になると秒で寝てしまうので)見ているのですがようやく3月頃に録画した映画に追いつきまして、出てきたのが今週のタイトルの『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』。両者の名前を聞いて懐かしいなーという人は大体私と同世代でしょうか。

実は私大学の後半なぜかテニスに凝ったことがありまして、その頃にはすでに二人は過去の人になりつつあって私の憧れのプレーヤーはイワン・レンドルでした。ファーストとセカンドのボールをつく回数をまねしたりバックハンドでゆがむ口の形をまねしたりと、プレーと関係ない細かすぎて伝わらないモノマネ芸をやっていたのを思い出します。今でもそうなんですがいつしかバックハンドは両手が主流になったのですがレンドルはオーソドックスに片手で打っていたので単に漢(おとこ)らしい!と思ってまねていたのです。

映画公式HPから拝借
さて、ググっと話を戻して映画に戻りますとなんといってもボルグが激似。舞台は1980年のボルグ5連覇のかかったウィンブルドンで結果を知らなかった私は映画の途中まではマッケンローが勝って世代交代を果たす映画かなと思ったら違ってました(ネタばれ注意)。

マッケンロー役はトランスフォーマーなどでおなじみのシャイア・ラブーフ、確か私生活でも
悪童だった??ような気がします。お約束のクルクル天パーにヘッドバンドでサーブの時の足の位置やトスの仕方まで完コピしてます。

懐かしさとストーリーに惹き込まれて珍しく一気に見終えた後はYouTubeで当時の映像を確認してしまいました。そしたらボルグの恋人役もコーチも、マッケンローのコーチも激似で再現ドラマかと笑ってしまうほどのキャストでした。評論家の評価はどうあれ私個人はとても楽しめる映画でした。

そして映画を見た後はしばらく、テニスに没頭していた学生時代のいろいろな思い出が沸々と蘇って「あーそういえばあのデカラケどこにしまったっけなぁ。。あの頃はめちゃめちゃ元気だったなー」などと柄にもなくセンチメンタルな気分を味わったのでした。

いやー映画ってほんっとにいいもんですね、久々にテニスやりたいー(肩上がんないけど(;´Д`))今週は久々に固い話は抜きのやわらかい話でした。

今年は特に熱中症に気を付けましょう

  先日プロフィールの認証で年齢を会社の設立日にしたばっかりにロックされていた当社のアカウントが無事にロック解除になりました👏 それにしても変更の送信前に何の確認もなく一発ロックって。。。Twitter社に一体何があったんだろうと思っちゃいますよね(実際メジャーなアカウントの乗...