2020年2月29日土曜日

テレワークが現実味を増してきたのでzoomトライアル開始します

先日メンテナンスで伺ったお宅で横浜から越してきたご高齢の方とお話する機会がありました。お茶をいただきながら「群馬の人は横断歩道で待っていても全っ然止まってくらないの。怖くて渡れないからわざわざ信号があるところまで行って渡るの。」「それはダメですよね、大変ですよねぇ。群馬はクルマ移動が当たり前でドライバーも歩行者に慣れていないですもんね。」と言いながら、さて自分自身はどうだったのか?と考えると、そもそも普段通る道に信号のない横断歩道が少ないこともありますが手を上げている小学生や自転車の学生さんがキョロキョロしている時以外は止まっていないように思います。大反省ですね。

海外から来た観光客も日本人のマナーで驚くことの一つに歩行者が道路を渡ろうとしていても止まらないということがよく話題になります。そもそも教習所では歩行者優先と教わっているはずなのにいつのまにか。。。気をつけます。では今週もブログスタート。

昨日届いたZEH等3省合同説明会@東京開催中止の通知
連日報道されるコロナ騒動で今週に入ってからはマスクだけでなくトイレットペーパーやティッシュが品切れ(どうもデマに扇動されているらしいですが)、さらに学校を休校にするということで子供達のお昼どうする??となってカップラーメンや冷凍食品まで一部品切れという情報も入っています。私事で言うと今週に入ってイベントやセミナーの開催連絡が各所から来るようになりました。

幸い当社は現場での外仕事が多く、その現場も戸建てなので大勢が集まって濃厚接触ということもないので仕事は通常通り続けています。もちろん社内では手洗い励行・アルコール完備です。

ですがこれから先を考えるとたとえ本人は大丈夫でも家族都合で出社できないという状況が起こりうる状況になってきましたのでBCPの一環として以前から検討していた”zoom”の導入トライアルを実施します(まずは無料版ですが^^;)。同じようなサービスはいろんなところで提供されているのですがなんとなく今はズームかな、という程度でこの先は使いながら考えます。

通常のコミュニケーションは工程管理ソフトのチャット機能で十分だと思いますがやはり複数人に同時に声で伝えたい、議論したい、共有したいという場面はありますので非常時の対応としてビデオ会議機能は抑えておきたいなと以前から考えていました。個人のSNSを使うのはコンプライアンス上からもセキュリティ上からもNGです。

画像はwebから拝借
トライアルにあたって実際に昨日からちょこちょことインフラ環境を調べ始めると「ええ!?このPCカメラが無い!!ええー!?この携帯フロントカメラが無いじゃん(ToT)」など課題はありそうですが固いこと言わなければほとんどの家庭でWi-Fiとカメラ付きの携帯やタブレット、PCが1台はあると思うのでなんとかなると勝手に思っています。

将来的には遠方のお客様や、お子さんの具合が悪くて急に出かけられなくなりましたというお客様との打合せにも用途を広げられればいいなと考えています。今は家庭教師やセミナー、習い事も、はたまた飲み会も遠隔でやる時代らしいのでこんなことを言っている私達が遅れているのかもしれません。もう「会議室に全員集合」なんて古いのかも。非常時は大変ですがこれを変革の好機ととらえて新しいことにチャレンジして行きます。

その結果はまたここで書きますのでお楽しみに。

2020年2月22日土曜日

再生可能エネルギー発電促進賦課(ふか)金をご存知ですか

こんにちは。今日は関東地方に昨年より15日早く春一番が吹いたそうですね。私達も今朝は埼玉県東松山市で地鎮祭を予定していたので天気予報を見ながらどうなる??と心配していたのですがおかげさまで風もなく、穏やかな陽気で滞りなく終えることができました。

F様、ご家族様おめでとうございます!引続きよろしくお願いいたします。では今週もブログスタート。

さて、みなさんは「再生エネルギー発電促進賦課(ふか)金」という言葉をご存知ですか?
東京電力の場合を例に取ると左の赤枠のところに”再エネ発電賦課金”と書かれています(名称が長すぎて省略されています)。これは太陽光発電の恩恵に預かっている人も、そうでない人も一律に負担している費用なのです。

この再エネ発電賦課金がクセモノで導入された当初(導入当初は”太陽光促進賦課金”という呼称でした)から見るとすでに10倍以上(0.22円/kWh⇒2.95円/kWh)に単価が膨れ上がっています。

2019年3月22日プレスリリースより抜粋
一般家庭のモデルとして電気使用量230kWh/月で影響を算出
左のグラフの通り最初は「なんだそんなものか」と思っていたのにジワリジワリと上昇し続けて、環境省の予想(すでに予想額を遥かに超えていますが)ではFITの買取制度が一段落する2030年までは上がり続けるとされています。

ということは、「今のウチの電気代だと太陽光を入れても改修に○○年かかるなー」という回収期間が電気代が上昇することで
どんどん短くなるということです。後々あ
2030年までの導入量に対する賦課金単価の推移
平成25年度2050年再生可能エネルギー等分散型エネルギー
普及可能性検証検討報告書(本編5章)|環境省

※「高位」は最も導入量が多いケース
の時に太陽光入れておけば良かった(ToT)」とならないように世の中の情報にアンテナを張っておきましょう。

今現在盛んに言われている導入モデルは「太陽光初電の自家消費」です。FITの買取価格が下がってパネル設置にかかる投資分を回収できなくなってきて、逆に家庭の電気代がどんどん値上がりしているので発電コスト<電気代の時点で自家消費した方がお得ということになります。

でも実際には使い切れなかった電気はどうなるの?昼間は家にいなし。。などとややこしい問題も出てくるので災害時の非常用電源としても使えるし蓄電池を導入して余った電気をためておこうとなってきているのです。

新築以外の場合は建物の強度が持つか、設置工事による雨漏りの心配は無いかなどいくつかハードルもありますが自治体(法人事業所の場合は国の制度)によっては補助金が出たりするところもあるのでぜひチェックしてください。

今日は知らない間にジワジワと電気代が上がっている理由と、うまく制度を活用すればお得に電気代を削減しながら災害にも強い家にすることができますよというお話でした。

2020年2月15日土曜日

新年度の省エネ関連助成金に注目です

”ムカデ”も”バーン!”もやりました
この冬は暖冬と言われていますが今週は特に暖かいですね。さて私の釣り以外の趣味というと映画鑑賞があります。役者や作家にこだわると思わぬ名画を見落とす可能性があるのでケーブルテレビの映画チャンネルをハシゴして夜9時台の映画を片っ端から録画容量が許す限り録画して毎晩少しずつ(見始めて30分でいつも寝るので)見ています。

そして昨日偶然出てきたのが「私をスキーに連れてって」。バレンタインにバレンタインど真ん中の話です。出てくる景色や着るもの、髪型、クルマ(セリカGT-fourです!)全部が懐かしい、懐かしい♪そりゃそうだもう30年も前の話ですから。。。

私のようなスキーブーム世代には鼻の奥がツンとくるような、ホイチョイ、ユーミン、もう一度スキーしたいなーと思わせる映画です(あの頃は良かったというと年寄くさいですが)。スキーしかできない田舎者が唯一スポットライトを浴びることができたのがゲレンデでしたからねー。全くと言っていいほど邦画は見ないのになぜかこの映画だけは録画していました😅

今見ると三上博史のセリフ回しが”いっこく堂”の「声が。。遅れて。。聞こえて。。くるよ」に似ているのが気になったり、原田知世に「内足持ち上げて寄せるクセ直せよ!」ええっ今ここでそれ言う??田中邦衛さんモノマネに寄せてる??と全編ニヤニヤツッコミながら見ることができました。では今週もブログスタート。

先週2月8日付 朝日新聞群馬版に高崎市の2020年度当初予算案として中小企業事業所への冷房装置設置助成が計上されているという記事が掲載されました。毎月高崎市内の製造業・倉庫・病院・施設などエネルギー消費の多い事業所様宛に省エネ+営繕のニュースレターを配信している私としては「これは大ニュースだ!」とすぐにこの記事をお客様にメールと電話でお知らせしました。

すでにお隣の埼玉県では昨年(行政年度ではまだ本年度)から暑さ対策の助成金制度ができて好評でした。今回の高崎市の案はそれ以上の条件(埼玉県は費用の1/3または上限300万円に対し高崎市は設置費の半額※最大500万円を補助)なので活用しない手はありません。

しかしながら助成金制度は行政年度内にその事業を完結するために募集期間が短く、事業終了も12月までという短期決戦となるので慣れていて事前に準備をしておかないと募集に間に合わない(個人的に市の担当課に問合せたところ「早い者順で採択」との情報を得ています)可能性もあります。

また特殊な施工になると業者が限られてくるのでせっかく引き合いがあっても対象期間内に工事が終わらず断念せざるを得ないという状況も出てきます。もしこのブログを読んで「ニュースレター送ってほしい」「助成金の活用を検討したい」という方はぜひお問い合わせください。このブログでも新しい情報が入り次第アップして行きます。

今週はちょっと営業的なお話でしたが少しでもお客様のお役に立てればと思っています。

2020年2月8日土曜日

ちょっと恥ずかしかった昔の話

昨日、今日と高崎は氷点下の朝となっています。寒いし乾燥していますねー。連日ニュースになっているコロナウィルスもインフルも心配です。

早く火災が鎮静化するのを願うしかありません
さてそんな中ウチの娘は今日から春休みを利用してオーストラリアへホームステイに出かけました。もともと長引く森林火災で空気も汚れているらしいからマスクでも買っておくかと言っていたのがまさかのコロナ騒ぎ。

「典型的な東洋人顔でマスクしてたら差別被害にあいそう(T_T)」と娘はいろいろとあることないこと心配していましたがなるようにしかならないので放っておきました。では今週もブログスタート。

娘にはともかくどんどん海外へ出かけて普段暮らしている日本の環境がグローバルに見れば「普通」では無いんだ、めちゃめちゃ守らているんだということに気づいて、言葉が通じなくてもどこでも生きていける逞しさ(一ヶ月くらいじゃ無理か)を身につけて、あらためて日頃お世話になっている方々への感謝の気持ちを持って無事に帰国してくれればいいなと思っています。どんな顔して帰ってくるか、その後の行動がどう変わるか、変わらないのか??楽しみです。

ところでオーストラリアと言えば、私も25年くらい前に一度だけ新婚旅行で訪れたことがありますが未だに一番の思い出というとレストランでの痛恨のミスです。。。
今思い出しても恥ずかしいですがそれはとあるレストランでのこと。ツアーだったのですがオプションでディナーのレストランが選べたので張り切って(当時はどうかしていました)ちょっと高めのお店に行って、メインの料理で肉と魚が、具体的に言えば「ビーフとサーモンどっちにします?」と聞かれたわけです。

I'm beef.
そこでただでさえレストランの雰囲気に飲まれて、さらに英語もろくに話せなかった田舎者の私はテンパって「I am beef.She is salmon.」とクリアなカタカナ英語で答えたのです。その時はそれしか思いつかなかった。。。

店員さんとすれば「やべー、牛と鮭のカップルがキター。超ウケるんですけどー」的な状況です。もしかしたら相手もこんな日本人に慣れていたのかもしれません。「は
She is salmon.
あ??」とは言われず、無事にメインは出てきたのですが、おそらくバックヤードでは大爆笑だったことでしょう。

それでもメシを食うという目的は達成できたので良かったです。それ以来英語は正しいか、正しくないかより目的が達成できればいいやということでいい加減な方向に自信がついてしまいまともに勉強しなくなってしまったのは残念です。みなさん”いい加減”と”逞しさ”は違いますよ!

最後に、みんなが知ってる「コアラのマーチ」のHPではコアラの保護や研究のためのコアラ基金」の紹介をしています。コアラの里親になることもできるそうです。ご興味のある方はホームページをご覧になってください。

今週は完全プライベートなお話でした。

2020年2月1日土曜日

”on the same page” 久々に思い出しました

何気なく読んでいた先週土曜日の朝日新聞に”「ぐんま住宅チャンネル」開設”の記事が載りました。群馬の企業情報という企画でいろいろな会社を紹介しているようです。

当社は縁あってこの「ぐんま住宅チャンネル」の初代収録企業(良きサンプル??)としてYou Tubeに50本近い動画をあげていましたがこの記事広告が新聞に掲載されてから動画視聴回数がぐんぐん増えています(ラッキー!)。企画側ともまだ手探りで作った動画ですので近所のおじさんの雑談みたいになっていますがぜひ笑いながら見て楽しんでください。

また最近来店されるお客様はほとんどの方がインスタとYou Tubeとこのブログはチェック済みとおっしゃられているので気を引き締めて書いていきたいと思います。では今週もブログスタート。

ちょっと前にはなってしまいますが年末年始のテレビにはラグビー日本代表の面々が多く出演されていて、その中で「on the same page」というフレーズが出てきて懐かしく、またあらためてその重要性に気付かされたので少し書いてみたいと思います。

日本代表の画像を使いたいところですが著作権の問題があるので遠慮して
それは確か「どうしてあの場面で何も声をかけずに、目も合わせずにあのような展開が出来たのですか?」という質問にある選手が「same page ですね」と答えていたシーンです。日本語で言えば「共通認識」とか「同じ絵を共有する」という感じで、この状況で彼がボールを持ったら、俺はこう走って、俺はこいつにタックルして、最後はここであいつがトライじゃ!みたいな同じ絵が全員の頭に浮かんだというのです。

もう10年以上前になりますが私がまだアメリカで働いていた頃にはしょっちゅう使われていたフレーズで、新しいプロジェクトを始める時には必ずメンバーが「on the same page」となるまで議論して基本方針や最終目的、成果物などを共有して走り出します。こうすることで予期せぬ状況で判断を求められた時にも枝葉にとらわれず本来の目的に向かって正しい判断をすることができるからです。英語が苦手な私には「お前わかってんのか??」的な意味合いでも言われましたが。。。

講習会場だった群馬総合公社。
会場は満員で身動きできないほどでした。
当社でも色々な試みにチャレンジしていますが私が先走ることが多く、スタッフにとっては「まず走りだせー!」みたいな感じでまだトライやゴールのイメージが共有できていないのは何でだ?みたいなモヤモヤ感がこのラグビー日本代表選手のコメントを聞いた時にこれだ!となったのです。おそらくジョセフHCは長期の合宿を通じてここに最も重きを置いて時間を費やしてワールドカップでの成果に結びつけたのだと思います(勝手な想像ですみませんが)。

ラグビーと工務店という違いはあれど育った環境も仕事の経歴も情報ソースも異なった人たちが集まる会社というチームでも「on the same page」を作り出すのは本当に難しいですがあの手この手を使って、いつかスタッフから「same page」というフレーズが出るようになったら最強の集団です。

手始めにという訳ではありませんが先月は住宅に関わるスタッフ全員が省エネ法改正に関わる同じ講習を受けました。これで住宅の省エネ動向については「on the same page」になった。。かな?今度のミーティングで確認してみようと思います。

今週はちょっと真面目な話でした。

音楽とそれにまつわる記憶ってすごいなと

  今週からまた工場の営繕工事で解体→屋根特殊遮熱塗装&外壁塗装の現場に入っています。3度目のリピート工事なのでとてもありがたいお客様です。現場は主に屋根の上で風に吹かれて寒いですが信頼できる職人さん達と作業を進めて、毎日少しずつ現場が変わっていく様はとてもやりがいがあります。 ...