2020年6月27日土曜日

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』。。超懐かしかった映画のお話

県をまたく移動が解禁になり、経済が動き出したらまた感染者が増加気味とまだまだ油断ならない新型コロナですが当社は先週会社スマホ全てに接触確認アプリ”COCOA”をインストールしました。本人はもちろん大切な人を守るために、もうひとつの目的はこうしたITを活用した技術がどのように使われて役に立つのか、役に立たないのか、本当に役に立つ使い方はどうなのかと考えるきっかけにするためです。「COCOA入れてみたんですよー」という雑談のネタにもなるので営業の際にもアイスブレイクに活用できます。
ちょっと気になるのはBluetoothを常時onにする必要があること。外に出かけていていちばんの心配事はバッテリーの消費なので常時onでどれだけバッテリーの消費が変わるのかこれからモニターしていきたいと思います。結果はまたここで報告しますね。では今週もブログスタート。

私以前ここで書いたように映画好きです(詳しくはなく、ただ好きというだけ)。
寝る前にケーブルテレビで録画しておいた映画を毎晩少しずつ(横になると秒で寝てしまうので)見ているのですがようやく3月頃に録画した映画に追いつきまして、出てきたのが今週のタイトルの『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』。両者の名前を聞いて懐かしいなーという人は大体私と同世代でしょうか。

実は私大学の後半なぜかテニスに凝ったことがありまして、その頃にはすでに二人は過去の人になりつつあって私の憧れのプレーヤーはイワン・レンドルでした。ファーストとセカンドのボールをつく回数をまねしたりバックハンドでゆがむ口の形をまねしたりと、プレーと関係ない細かすぎて伝わらないモノマネ芸をやっていたのを思い出します。今でもそうなんですがいつしかバックハンドは両手が主流になったのですがレンドルはオーソドックスに片手で打っていたので単に漢(おとこ)らしい!と思ってまねていたのです。

映画公式HPから拝借
さて、ググっと話を戻して映画に戻りますとなんといってもボルグが激似。舞台は1980年のボルグ5連覇のかかったウィンブルドンで結果を知らなかった私は映画の途中まではマッケンローが勝って世代交代を果たす映画かなと思ったら違ってました(ネタばれ注意)。

マッケンロー役はトランスフォーマーなどでおなじみのシャイア・ラブーフ、確か私生活でも
悪童だった??ような気がします。お約束のクルクル天パーにヘッドバンドでサーブの時の足の位置やトスの仕方まで完コピしてます。

懐かしさとストーリーに惹き込まれて珍しく一気に見終えた後はYouTubeで当時の映像を確認してしまいました。そしたらボルグの恋人役もコーチも、マッケンローのコーチも激似で再現ドラマかと笑ってしまうほどのキャストでした。評論家の評価はどうあれ私個人はとても楽しめる映画でした。

そして映画を見た後はしばらく、テニスに没頭していた学生時代のいろいろな思い出が沸々と蘇って「あーそういえばあのデカラケどこにしまったっけなぁ。。あの頃はめちゃめちゃ元気だったなー」などと柄にもなくセンチメンタルな気分を味わったのでした。

いやー映画ってほんっとにいいもんですね、久々にテニスやりたいー(肩上がんないけど(;´Д`))今週は久々に固い話は抜きのやわらかい話でした。

2020年6月20日土曜日

”そもそも”の目的について考えることが大事です

親綱必須です
今日は梅雨の中休みで高崎もからっと晴れそうです。今月私はずっと工場の遮熱塗装工事で屋根の上に登っています。昨年は売切れで買えなかった空調服も購入して、クーラーボックスにスポドリ用意して、暑さ対策はバッチリなのですがフルハーネスが重い😫

フルハーネス全体で重さは4-5kgあるんじゃないでしょうか。一日の作業が終わってフルハーネスを外すと体が軽い軽い。亀仙人が甲羅を脱いだ時(詳しくはドラゴンボールで検索)はこんな感じなのか!?と毎日思います。では今週もブログスタート。

以前ここでシャチハタのクラウド決済トライしますと書きましたがあれから無料お試し期間も終わりに近づき、当社の判断としては本格採用は見送ることにしました。

ハンコがパソコン上で押せて、履歴も残って便利だなとは思ったのですが”そもそも”ハンコが必要か?と考えた時にどうも違和感があったのです。

ここでも何度も書いていますが改善の着眼原則はECRS。まずはムダを無くせないかという発想が大事。リモートでハンコが押せないからクラウドで押せたら便利じゃん!というのはECRSで言うRの発想。ハンコを押すという行為をリアルからPCに手段を変えただけでハンコを押すことに変わりはなく。”そもそも”ハンコを押す目的はなんなのかと考えると決められた権限を持った人がちゃんと承認しましたよという決裁の履歴を残すということのはず。なので社内決裁のハンコレスについては先週紹介したキントーンでやることにしました。

※余談ですがそういう意味で「ハンコください」というのにはピキっと反応します。心のなかで「決裁お願いしますだろー」とつっこんでしまいます。実際つっこんだら面倒くさいと思われますよね。。

キントーンはアプリの自由度があるので少しいじるとソフトの罠にはまりそうなのでできるだけ使えそうなテンプレート(それがベストプラクティスのはずなので)を見つけて流用するようにしています。業務効率化が目的でアプリ開発が目的ではないので。ベストプラクティスに合わせて社内の自己流やローカルルールを是正するのもキントーン導入の”そもそも”の目的にもなります。

そう言えば昔の仕事場でこんな話がありました。
「A工程とB工程は100mも離れていて、その間を太郎さんは毎日部品と製品を台車で運んで往復しています。太郎さんの毎日の歩行はムダだからAGV(自動搬送車)を導入しましょう」という提案がありました。これもRの発想ですね。

モノを運ぶ手段を人から機械に置き換えただけで運搬のムダが発生しているという本質に変化はありません。Eの発想で行けば運搬自体を無くす「A工程のとなりにB工程を持ってくる」が正解となります。ここで厄介なのはAGVを作るメーカーにとってはAGVを売ることが目的なのでAGVを納入したこと自体が「成功」になるのです(これをwebや展示会で「導入事例」として紹介してさらに営業拡大)。

私が何を言いたいかというと、同じひとつの物事も立場によって利害関係が異なるので何かを判断するときに”そもそも自分にとっての目的は何なのか”を考えるのが大事ということです。
例)製造業における運搬のムダ→物流業者さんやメカトロ屋さんにとっては商売のネタ
  商社における在庫のムダ→倉庫業者さんにとっては商売のネタ

同じ理屈でオヤジの趣味の釣り道具は私にとっては宝物でも家族から見るとムダに金と場所を使う迷惑な品物となるのでしょう。さらに早起きして出かけて一匹も釣れなかった日には「寒くても暑くてもそんなに出かけて何が楽しいん?」と言われますが人生楽しく生きるには合理性だけでは判断できない遊びも必要です。

今週は面倒くさい理屈をこねて、最終的に釣りに行くことを正当化してみました。

2020年6月13日土曜日

某家電量販店さんの神対応に助けられました

今日もお世話になりました
今週から本庄市で工場屋根の特殊遮熱塗装の現場に入っています。昨年も別の建物で特殊遮熱塗装をやらせていただいたのでリピート発注いただきとてもありがたいです。
ここの現場の時はほぼ毎日お昼はゆで太郎さんにお世話になっています。若い頃は蕎麦と言えば飯についてる汁物みたいな位置づけで天丼セットとかカツ丼セットで「そば」だったのですが最近は天丼、カツ丼のセットはきついです(-_-;)。もういい大人なのでもり蕎麦が旨いです。もっと言えばそば湯が旨いです。夏はそば湯でつけ汁を飲み干すことで塩分補給をしてがんばっていますのでこれから約1ケ月、よろしくお願いします!(ゆで太郎さんには届いていないか)。では今週もブログスタート。

以前ここでも書かせていただきましたが当社の現場管理はスマホでANDPADを使っています。現場の写真はその場でクラウドの対象フォルダにあげるので事務所に戻ってから写真整理ということはありません。

マスクも暑い!
ですがそのスマホがトラブルと結構厄介です。
気温30度を超えると屋根の上でスマホを構えているうちに「本体の温度が上昇しています。Wi-Fi機能が現在使えません」と。それでもさらに写真を撮っていると「本体の温度が上昇しています。カメラ機能が現在使えません」と。

タフブックは耐衝撃性能を高めるためにハードケースに包まれる構造のため熱がこもりやすく暑さに弱いようです。。。そのためCPUの性能が上げられないのは知っていましたが😥

それが午後になると撮った写真が「保存できません」「保存先が見つかりません」的なメッセージが。。現場写真が残せないとなると大問題です。

バックアップで持っていた私物携帯で取り合えず写真を撮って、この日の作業を終えて事務所に戻る前に会社の経理に確認して増設メモリのレシートの有無を確認⇒さらに購入した家電量販店で保証期間内か確認⇒SanDiskは何でも”永久保証”らしい。現物とレシートを持って行けば交換してくれるとの情報キャッチ。

念のためドコモの営業担当も待機してもらい本機の不具合で無いことを確認した後、早速事務所でレシートを受取りそのままタッチダウンGOでメモリを購入した家電量販店へ。

これこれ!これです!
「先程電話で確認した者ですが」
「こちらですね。。。パッケージは。。。」
「無いです。今スマホから取り出しました。永久保証で交換してもらえると聞きましたが。」
「それはメーカーへ返品して不具合が確認された場合なので今ここですぐには。。。」
「いやそれは困ります。明日使えないと仕事に支障が出ます。なんとかなりませんか。」
(私が経理から聞いた説明を理解していなかったのか説明されていないのかはわかりませんが私も明日の現場があるので引くわけにはいきません。メーカー診断の期間のためだけに代替品を買うのも経費が嵩むので。)
「いやぁ。。。とりあえず同じモノがあるか見てきますね。」
ここからお店の人たちで結構な人数をかけて品物探し
「ありました!これですね。」
「そうです。これと交換してください。」
(自分でも結構無茶言ってるなーという自覚はあります。できなければできないというだけの話なのでネゴれるのであればネゴります)
「。。。。わかりました。本来の対応とは異なりますが、ほんっとにほんとの今回限りの特別対応として今交換させていただきますがよろしいでしょうか。」
「よろしいも何もありがたいです。」
(念のためスマホに装着して認識OKを確認)
「OKです!助かりました!ありがとうございます!」
という訳で本来のマニュアルには無い対応で私の困りごとを解決してくださったケーズデンキ川曲店さんには感謝です。この次も何か電気関係の買い物があったら川曲店さんに行きますね(声は届いていないか)。

梅雨時は現場管理が大変ですが安全第一
おそらく私は商品の品質保証制度を勘違いした迷惑な客(意図的ならモンスターカスタマー??)だったと思いますが、ほんとに困っている事情を汲み取って規定外の対応をしてくださった神対応に本当に助かりました。お陰様で今日も雨の中現場の写真をきっちり収めることができました。

今週は困った時には誤解でもちゃんと話せば助けてもらえることもあるんだというお話でした。ポジティブシンキング大事です☺
※決してみなさんはマネはしないでください。今回は私の勘違いが発端ですから。

2020年6月6日土曜日

野尻湖で癒されてきました

「ルールだけじゃなくて、ツールで新しい働き方を」っていいコピーですよね。そして働く側の本音が。瞬間的にそうそう!と共感できます。モノを売る時のキャッチコピーって重要だなと思います。

だからという訳ではありませんがテレワーク対応の最後の(?)仕上げに、遅ればせながらの感もありますが「キントーン」トライアル始めます。対象は社内管理文書や社内決裁から始めて(世の中の流れ的に押印文化が無くなることに期待しつつ)行く行くはチームのプロジェクト管理に活用の幅を広げて行きたいと思っています。

今週から無料トライアルをしてみたらユーザインタフェースがすごく考えられていて、素人でも直感的にアプリを組めるのがいいなと思いました。

難点とするとキントーンの自由度がムダをそのままクラウド化することさえも許容してしまう心配があることぐらいでしょうか。ユーザの責任としてそこだけ注意して運用すればいよいよ出社不要!?となると私などはすぐに毎日釣り場で仕事できちゃう!?と思ってしまいます。急激な暑さのせいでしょうか、そんな妄想もありながら今週もブログスタート。

6月になって比較的規模の大きい工場の遮熱塗装の工事があったり、一般の戸建の防水工事があったりとおかげさまで忙しくさせていただいているのですが外の工事なので天候に左右されることが多く、ちょっと雨が降ったら台無しになる工程は前日の天気予報で翌日は休工ということもあるのでなかなか現場の調整が大変です。
この景色の中にいるだけで気分は最高!
そんなわけで予定していた工事の着工が来週になったので今週は1日お休みを頂戴して長野県の野尻湖へ釣りに行ってきました。緊急事態宣言解除直後でしたが平日だったので人も少なく、豊かな自然と魚の引きを楽しんでリフレッシュすることができました。
狙いはスモールマウスバスという魚です

道中はほとんど高速ですが深夜割(4時までに高速に乗れば適用)目指して早起きするので帰りは眠気防止ドリンクも投入して安全運転で無事帰還。
効き目を期待してコンビニで一番高いやつを購入

野尻湖で岸から魚に手が届くのは一年でほんのわずかな期間なのでほんとに贅沢な遊びだと思います。釣果の報告に釣り仲間と緊急事態宣言以来久々の店らーめんも食べて充実した休日となりました。
スープこってり、ニンニク少な目、脂は普通、麺中盛りで

たっぷりリフレッシュしたので来週からはコロナに加えて熱中症もケアしながら安全第一で現場がんばります!

音楽とそれにまつわる記憶ってすごいなと

  今週からまた工場の営繕工事で解体→屋根特殊遮熱塗装&外壁塗装の現場に入っています。3度目のリピート工事なのでとてもありがたいお客様です。現場は主に屋根の上で風に吹かれて寒いですが信頼できる職人さん達と作業を進めて、毎日少しずつ現場が変わっていく様はとてもやりがいがあります。 ...