2020年10月31日土曜日

”耐震等級3”の次に来る!?”表層地盤増幅率”と本当によいお家とは

 

私のクルマは中古車で購入したのですが初年度登録は2006年式なので現在14歳。私が乗ってからちょうど10年になります。その前はやはり中古車で3年落ちで買った1988年式を2006年まで乗っていたので18年乗っていたことになります。先代はやはり当時の技術では歳とともに内装の樹脂部品の劣化が激しく、晩年はダッシュボードからハンドル、シフトノブに至るまでひび割れてブッチャーの額(この例えが分かる人は同年代ですね)のようになって室内は悲惨なモノでした。それでもクルマの基本性能の走る・曲がる・止まるに関しては特に困らなかった(エアコンは途中で壊れて暑かったですが。。)ので海外単身赴任で手放すまではずっと乗ってました。

あまりに古いクルマに乗っているとおもしろいものでスタンドなどで知らない人に声をかけられます。「おー○○年式の〇〇ですね~。いいですよね。」などと。おそらくマニアだと思われるのでしょう、私の場合は一度買うとよほどの不便を感じない限りは買い替えないだけなので返事に困ってしまいます。このように免許を取って以来、自分で乗るクルマは走行距離15万キロ以下で買い替えたことがないので今のクルマもそこまでは走って欲しいなと思う今日この頃なのですが写真の通り外装の樹脂部品がえらいことになってきました。

思い起こせば先代はこの辺は金属製だったような。。。ディーラーの人に話すと「最近は生分解性の環境に優しい樹脂を使うので紫外線劣化が早く進むんですよ」と釣りのワームと同じようなことを言われました。確かにガラスのヘッドランプは安全性重視で樹脂になって黄ばんでいますね。時代による設計思想の違いとは言えさすがにこれではラッシャー木村(この例えが分かる人は同年代のプロレス通ですね)状態。高速でフロントガラスが外れたり雨漏りするのでは!?と心配になったので思い切って交換しました。

オイル交換と合わせて12000円、それくらいで済むならもっと早くやっておけばよかったと思いました。お家もクルマも(クルマに関しては私の場合説得力が無いですが)メンテナンスは実害が出る前に計画的にやりましょう!ということで今週もブログスタート。

最近お家を検討されるお客様とお話をしていると「耐震等級3」「全館空調」「大空間」などという言葉が良く出てきます。私達工務店の者とすると「お、次が来たな」という感じです。家づくりにもトレンドというのがあって、そのほとんどは大手ハウスメーカー発信で集合展示場などにモデルハウスを見に行くとセールスマンから模型や動画を使ってじっくりと何度も、さも最重要項目のように説明されるのでお客様は「へーそうなんだ」から始まって展示場を出るころには「家づくりは〇〇が一番大事で△△じゃなきゃだめなんだ(ー_ー)!!」となっている訳です。これはセールス用語(行動心理学)で言うところのいわゆる”フレーミングがかかった”状態になっているのです。

その勢いで「でも一応ホームページのおしゃれそうな工務店にも行ってみるか」とやってきたときには「こちらの家の〇〇はどうなってますか?△△じゃないんですか?」となる訳です。

この〇〇はちょっと前だと”高気密・高断熱”それから”Q値・C値”次にZEHが出てきて”UA値”になりました。しかしこれにまともに対抗しようとして1棟1棟異なる注文住宅を数値として証明するには測定やら証明書の発行にお金がかかるので小さい工務店にとっては費用面で厳しくなります。でもこの辺はもともと大手ハウスメーカーも工務店も実際に家を作ってる大工さんも使ってる部材も一緒なので最終的に差別化ができなくなってしまった訳です。

すると大手は次にお金と体力が無いと難しい”アフターサービス”にフレーミングネタを変えて来ました。”素敵なお家を作る工務店さんで価格も良心的ですけどアフターサービスはどうなってますか??”と。”少ない人数じゃ回らないでしょ。社長さんもご高齢のようだしずっとは面倒見てくれないですよね。これから永く住むお家で心配じゃないですか?”と。

これを聞いたお客さんはこれはいかん!と青ざめて工務店に戻ってアフターのことをたずねるとしどろもどろで「なんとかします」とΣ(゚д゚lll)。さらに追い打ちをかけるように「XXは60年保証!」というCMを見ていた親御さんから「そんな工務店で大丈夫なのかい?」と言われて、理想の家づくりよりも周囲を説得するのに疲れて渋々無難なハウスメーカーに決めましたという方、実際にいらっしゃいます。 こうなると住宅業界も近くに大型ショッピングモールが出来て地元商店街がシャッター商店街になってしまったのと同じ話になってしまいます。当社の場合はこのアフター問題にはいち早く手を打って、全ての新築住宅に長期サポート体制を完備しています。

さてこの辺まではまだ家の話なのでいいとして、地盤はちゃんと地耐力調査して地盤改良するれば安心だ(地盤保証が出れば瑕疵担保保険には入れるので)し。。。だったのが最近になって、いやいやさらに深いとこの地盤の影響大ですよという新ワード”表層地盤増幅率(揺れやすさ)”というのが出てきました。これは地表近くに堆積した地層の地震時の揺れの大きさを数値化したもので数メートル調査の地耐力(固さ)とはスケールが違うのです。こうなると話は厄介です。地震に強い家と強固な地盤そのものが地中深くから揺らされる訳ですから家がどうのこうのよりも「安全な地盤の地域に引っ越しなさいよ」みたいな話になります。

そんなこと言われても仕事も学校もあるしお金はかかるしで簡単には引っ越せない方がほとんど。そこに目を付けた制震装置・制震器具メーカーが盛んに営業をかけています(営業ツールでよく使われるのが「NHKスペシャル」の動画)。これは世論を動かすロビー活動みたいなもので誰かが言い出すといずれ各ハウスメーカーも無視できなくなって”制震性能”って言いだすと思います。すると心配性で保険が大好きな日本人はこれに飛びつくでしょう(資金に余裕がある場合に限りますが)。あるいは地域によって家を建てるコストが変わり、土地の資産価値も変わってくるでしょう。これってお客様にとって本当にいいことなんでしょうか。。

先日のインスタライブ(毎月第2、第4金曜日20:00-20:30好評配信中)でもお伝えしましたが技術が進歩すると今までの常識が非常識になり、新たな心配事がどんどん出てきます。食べ物も大気汚染も水質汚染も温暖化もオゾン層の破壊も。場合によっては知らない方が幸せだった。。なんて事実も出てきます。

それは”今完璧”だと思った家づくりも”未来永劫完璧である”保証は無いということなので家づくりにあたってはしっかりと調べることも重要ですがあまり情報(特に各社が差別化を目論むフレーミング)に左右されず、相談してみて相性のいいハウスメーカー、工務店で家づくりをされるのが後々後悔のない家づくりの基本だと思います。

今週は本題の前に出だしで行数が多くなってしまいましたが、お家は建てたい時が立て時、予算内で建つのがお客様にとっての良いお家というお話でした。

2020年10月24日土曜日

ISO9001/ISO14001定期審査無事に終了しました

 今週は社内イベントの報告です。

二日目の現場審査の様子
10/20-10/21に行われたISO9001/ISO14001の定期審査。ISOの認証を取得している工務店というのは意外と珍しいのではないでしょうか。当社は公共事業を手掛ける親会社の指導もあって会社設立時に品質と環境両方の認証取得をしています。

やはり工務店で注文住宅を建てようと検討している方が大手ハウスメーカーと比べて心配なのは品質管理とアフターサービスではないでしょうか(性能はこだわった工務店の方が高かったりします)。家づくりのご相談にいらっしゃるお客様は特に人によるバラツキを心配されます。営業の〇〇さんはこうしてくれたけど△△さんは違った。XXさんは腕がいいけど□□さんはいまいち。。

「ウチの大工は腕がいい」「ワシの目の黒いうちはしっかり面倒みますからご心配なく」はかえって心配だというお話をされるお客様もいらっしゃいました。もしその人が担当じゃ無かったり、辞めちゃったらどうなるんだろう??と考えてしまうそうです。そう考えると長い目でみれば人に依存する属人的なスキルより「会社として」という標準化がとても重要です。家は住んでからが長いですからね。

当社ではプロセスフローチャートに従い節目ごとにDR(デザインレビュー)で検査項目/確認項目を設定して担当者や物件によるバラツキを最小限にするような「仕組み」があります。

この「仕組み」の妥当性、有効性、確かな運用実績、法令順守等について外部機関に評価してもらうのがISO審査です。ISOというとだいぶ古臭い感じがして、会社や業界によっては形骸化してしまい実益が無いと認証継続をやめてしまうところもあるようですが当社の場合は世の中のモノサシと比較して自社のレベルを把握して、他社の失敗事例や成功事例などの情報を得る継続的な改善の機会としてとても有効に機能しています。

翌日のお昼にはこの形に。ツーバイフォーの建方は早いので
天気の影響も受けづらいです。工場で製作されるパネルの精度と
合わせて品質管理で有利なポイントです。
決して優等生的な発言をするつもりはありませんが現代は過去とはくらべものにならないくらいのスピードで科学も技術も進歩しているので今日の常識が明日の非常識、今日の非常識が明日の常識になるようなことがどんどん起きているので常にアンテナを高くして自社を客観的に捉えて採用技術や方向性を見直すことが重要なので社外の目が入るというのは貴重でありがたい機会(もちろん費用もかかっているので元はとらないと)と思っています。

私の口ぐせは「会社は小さくても仕事のやり方は一流を目指す」。当社なりのレベルですが品質管理、環境意識を持って日々改善に取り組んでいます。そのせいで言うことがコロコロ変わるという説もありますがそれに対しては「脳内高速PDCAを回した結果だ」と言い張っています( *´艸`)

改善に終わり無し、これからも安心して家づくりを任せていただけるよう精進してまいります。

今週はこう見えて意外と柔軟に他人の言うことも聞くんですよというお話でした。

2020年10月17日土曜日

「送電線(鉄塔)の近くはNGなんです」問題について

ちょっとだけ見えてるアレです
みなさんスーツの襟元にある謎の穴(実際は穴は開いていなくて、飾りの縫い目だけ)は何のためにあるか知ってましたか? 実は先日”目からうろこ”の出来事がありましたので少しだけ書かせていただきます。

以前紹介したSDGsのピンバッジ、夏の間はピンバッジを着けるようなジャケットを着ないので放置していたのですが衣替えの季節でようやく上着を着るようになったので付けようと思ったら穴が開いていないのです。そうだ思い出した、以前の会社では社章を留めるためにスーツ買うたびに千枚通しみたいなので穴を開けていたなと。

で、社内で千枚通しを探しても千枚通しって何ですか??から始まってまー大変。するとナンタケットバスケットのワークショップで来られていた先生が「これ使います?」と丁度いい道具を貸してくださって。いやいや助かりましたという話をしていたところ「この穴、みなさんボタンホールだと思ってる人多いですけどフラワーホールって言うんですよ」と教えてくださいました。ええー!知らなかった😱 確かにボタンホールと呼ぶには相手側にボタンが無い。。

諸説ありますが男性がプロポーズする時にお花を渡してOKならフラワーホールに挿してもらうというロマンチックな云われがあるそうな。ずっとボタンホールだと思っていたのが実はフラワーホールで、それにまつわるそんなに素敵な話があるなんて、知らなかったことを知ることができて、その日はすごく得をした気分になりました。気になる方はぜひ「#フラワーホール」で検索してみてください。ついでに「#千枚通しと目打ちの違い」もおもしろいのでぜひ。
では今週もブログスタート。

当社に新築用の土地を探しに来られる方に「高圧線の近くは嫌なんです」という方がちょくちょくいらっしゃいます。最初は何も言ってなくても「現地を見に行ったら高圧線があったのでちょっと・・」という方もいらっしゃいます。

私の実家はJRの変電所の真ん前で電話で住所を伝えるときには「変電所の前の目黒です」と言ってましたし、裏はお寺でお墓があって小さい頃はそこがかくれんぼをしたり盆踊りがあったりと遊び場のひとつでした。なので最初から生まれ育った土地だからというのもあるでしょうがあまり高圧線もお墓も気になりません(お客様からしたら困った人ですよね)。

しかし先日あるお客様にご紹介しようと思った土地情報に売主様が最初から東京電力による電磁波測定の数値を載せておられるのを見て「あーやっぱりそういうお客様が来るんだー。大丈夫って言ってもらちが明かないんで実測値を載せて安心してもらおうということなんだな。」と納得。中には「高圧線近いから安くして」って結局住みたいんじゃん!?みたいな人もいない訳ではないですし。

「送電線の電磁波が心配」についてはおそらく若い方々のお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんの世代に言われたことがいまだに影響しているのではないでしょうか。スウェーデンは送電線の近くに学校が無いとか、アメリカは送電線の下に家が無いとか。だから送電線の近くは危ないんだよと。

かくいう私も小さい頃ばあちゃんに「サイダーは透き通ってるからいいけどコーラは黒いから毒だよ」って言われて小さいながらもコーラを飲むときに罪悪感というかやべーけど旨いからいいかと思っていたのを思い出します。「写真を撮ると魂が抜かれる」というのも一緒ですね。

さて、完全に中立の立場かどうかはわかりませんが高圧線の電磁波による健康への影響が気になる方はこちらのwebサイトも参考にされてはいかがでしょうか。
※送電線は景観上の問題で気に入らない、台風・地震で倒れるのが心配という場合は別です


このサイトを見ると私がまことしやかに聞かされていた電磁波関連情報のほとんどが都市伝説的な根拠のない情報やねじ曲がって伝わった情報で、逆に普段の生活でさらされている電磁波や太陽光、レントゲンの方がよっぽど怖いという話になってなんとなく生きづらくなる感じさえ受けてしまいます。

送電線が無いので安心だと思ったら地中埋設で実は高圧線との距離は送電線より各段に近づいていたなんて知ったらどう思います?他にも太陽光パネルは大丈夫??今日からコタツは止めた!とか電気毛布や電気カーペットはもってのほか!なんてことになりかねません。

不安は無いことに越したことはありませんが普段私達が口にする食べ物も、携帯電話もLEDライトも太陽光も健康に影響を与えない訳はないわけで、私自身はモノを食べるときに成分表を全てチェックしてwebで検索してから食べる派ではありません。あまり細かいことを気にせず鈍感でいられるのは健康のおかげかもしれませんね。

とはいえ健康に不安のある方はやはり細心の注意を払うべきかと。現代の科学では明確な根拠が無くても調べて信じることで生まれる安心感で日々穏やかに過ごすことができれば良いのではないでしょうか。

確かに土地や家は大きな買い物なので納得して買いたい気持ちはよくわかります。ただ調べれば調べるほど真実がわからなくなり、不安になるようなことはあまり気にしない方が人生楽しく生きられるんじゃないかなあと個人的には思います。
 e.g. コーヒーの体に良い悪い論争、アルコールの体に良い悪い論争、など

先程紹介した電磁界情報センターでは磁界測定器の貸出も行っているようなのでご自分で確かめたいという方はご利用してみてはいかがでしょうか。凝り性の方の場合はさらに測定値が長期健康に影響を与えるのかどうかwebで文献をあさる日々が待っているかもしれませんが。

今週は毎日左胸のポケットに携帯を入れて仕事をしている人が良く相談される心配事について、正解は分からないので私見を述べてみました。

2020年10月10日土曜日

最近見た(ちょっと前に公開の)おススメ映画2本です

先週の日曜日は久しぶりに結婚式に、それも東京へ(もちろんコロナ感染対策はバッチリです)。段取りは家人に任せていたので場所も時間もよく把握しないまま出かけて、最寄駅からはGoogleマップに案内してもらって着いてみたら東京タワーの真ん前でした。

式場は天井がガラス張りで真正面に東京タワーが見えるようにレイアウトされていて超カッコいい。おのぼりおじさんは思わず写真を撮ってしまいました。

本来は春先に挙げるはずの式をコロナで延期して、当人達も相当悩んだようですがやると決めた挙式。

私としては小さい頃からよく知っている姪っ子で、ウチの子供たちも小さい頃から大人になってもよく面倒を見てもらっていたので式はいつにも増して感慨深いものがありました。

ウチも娘二人なので新婦をエスコートする父親の気持ちになるとこみ上げるものがありますね。そんな感じで今週はちょっと仕事を離れてブログスタート。

以前もここで書きましたが私映画好きです。好きなだけで特に詳しくは無いです。家のケーブルテレビで無作為に(好みで見ると思わぬ名画を見逃すことがあるので)録画して寝る前にチビチビと見るのが日課です。

最近はすこぶる寝つきが良く、チビチビが大体5分くらいなのでいまいち盛り上がらない場合は一本の映画を見るのに2週間かかるときもあり、ワクワク系はいっきに見たりと。

そんな中で最近印象に残ったおススメ映画2本を今日はちょっとだけご紹介。※最近と言ってもケーブルテレビで放映するものなので2-3年前が最新ですがそこはお許しを。

配給会社のページから拝借
一本目は「インターステラー」
難解なSF映画かと思いきや泣ける家族愛を描いた映画でした。5次元とかいろんな理論とか出てきますがそこは分かった風で軽く流します。最近はテレビでも2.5次元アイドルとかいろんな物言いがありますがよくわからないので。

ネタばれしないように私が感動したセリフだけ書かせてもらうと

「親は子供の記憶の中に生きる」

「親が子供の死を看取るのは間違いよ」

その通り!
でもこんなセリフでジーンと来るのは歳をとったということなんでしょうね。。


配給会社のページから拝借
2本目は「ハドソン川の奇跡」

監督がクリントイーストウッドで主演がトムハンクス。これだけで見る前から安定して面白いのだろうと思ってしまいますが。

前半は「人の命を救っても飛行機壊しちゃうとこんなに追い詰められるんだー、怖いなー」と思いながら見て、最後は「そうだろ!?やっぱり現場の判断が正しいんだよ!現場を知らないやつらは黙ってろーい!!」とガッツポーズな感じです。

そしてラストのアメリカンジョークに苦笑い。エンドロールに本物の機長たちも出てくるので最後の最後まで見てください。

今週は秋の夜長におススメの映画を2本紹介でした。これを読んで映画見たくなったらレンタル店へGO!

2020年10月3日土曜日

みんなが安全な場所へ住むように国の制度が見直されます

 

記事掲載の写真より
当社でお手伝いをさせていただいたリフォームのお客様がwebマガジン「ログリノベ」様で紹介されました。ところどころに「高崎テクノ」という当社の社名も出てきます😀

こちらはもともとは以前に当社のテレワークを取上げていただいたリフォーム産業新聞社「リフォームセールスマガジン」の11月号掲載記事の取材がきっかけで編集者様から編集者様へご紹介していただいたものです。紹介の紹介、ほんとにありがたいです。みなさん商売をやっている方は思っているでしょうが広告費ゼロ、全て紹介・口コミが理想ですね。いつかそうなれるように日々コツコツとがんばっています。では今週もブログスタート。

先月の24日の日本経済新聞にセンセーショナルなタイトルの記事が掲載されました。

※リンク先は有料記事なので見出ししか見られません

災害危険地、住宅優遇せず 耐震・省エネでも助成対象外

来年度にも 安全な場所へ建設誘導

これまでこのブログでも「コンパクトシティ」「居住誘導区域」など少子高齢化を念頭に置いた国の政策を取上げてきましたがそもそも”このエリアにみなさんすみましょうよ”というエリアにハザードマップで真っ赤な場所があるとか、指定避難所が実は河川氾濫では水没する建物とか我々一般人からすると??という内容が多々あったのですがここ最近の自然災害(それも「想定外」、「過去に経験のない」という)の増加に伴い国もいよいよ(?)本腰を入れて住宅政策を見直すということのようです。

現在は”立地”に関係なく”建物”の耐震、省エネ性能などが助成の対象となっていますが今後は特別警戒区域などでは助成対象外とすることで否応なしに安全な場所へ人々を誘導する方針を打ち出しました。

これはうっかりするとエリアによっては不動産の暴落など経済にも大きな影響を与えるのでハザードマップで少しでも色がついていたらという話では無く、助成対象外となる地域はあくまでも限定的ではあるのでしょうが。

私は個人的にはこの案には賛成です。もちろん古くからその地に住む方々には代替地を用意するなどの支援をしたうえでの話ですが。これからは人口が毎年50万人<のペースで減少すると言われている中では今まで「空き」の無かったエリアにも空きができるはずなので動けるうちにインフラの整備されたエリアに移住するという流れになるでしょう。学校の統廃合も進むと思いますので小さいお子さんがいる場合にはどの学区というのは要検討事項になりますね。


ちなみ群馬県はコロナ禍で東京から離れて移住するのに適した地域ランキングで結構いいとこ行ってます。交通の便が良いので首都圏から程よい距離感とほどよい田舎感、豊かな自然が近くにあるけど暮らしには困らない、物価が安いなどが人気の理由のようです。インターネットの普及で職種によってはどこでも働けるという方もいらっしゃいますもんね。日本全体で見ても移住先として有望なのでは。

「コロナ時代の移住先」吉岡町が関東1位 AERAランキング

県庁所在地である前橋市民の私としてはややランキングでひっかかるところ(前橋は15位)はありますが、コロナや災害きっかけとは言え県内に人が増えて活気づいたらいいなーと思う今日この頃です。もちろんそれによって仕事が増えることを期待しています。

今週はもしかしてこれってウチにとっていい流れなんじゃないか?というお話でした。

今年のGWはドクダミの繁殖制御にトライ始めました

  半分雷雨で半分晴れという当日の霞ケ浦 今年のGWは皆さまいかがでしたでしょうか。私は密を避けながら2年ぶりに霞ヶ浦水系のバスを求めて遠征しましたが結果ボウズ( ̄▽ ̄;)  事前にYoutubeやwebで情報を集めていたのですがやはり普段釣り慣れていない場所でくるくると目まぐる...