2021年1月30日土曜日

コロナ禍の巣ごもりで節水トイレ問題が顕在化!?

 みなさん「オランダコロッケ」ご存じですか??ちょうど工事中の現場近くにオランダコロッケで有名な『まつしま精肉店』さんがあって、昨晩はちょうど夕方だったので久しぶり(20年ぶりくらい😨)にそこのお店に寄って買って帰りました。なぜ20年ぶりなのかよくよく調べたらわかりました。

その辺のオランダコロッケの詳しい歴史はこちらのサイトにゆずるとして
→ コロッケの常識が変わる!高崎名物オランダコロッケが美味しすぎると話題

店内にはラジオ収録の写真や有名人の色紙があったり、外観からは想像もつかない多彩な品ぞろえで優しそうなお父さんとお母さんが忙しそうに電話の注文を受けています。

注文したコロッケが揚がるまでの間キョロキョロしてたらもつ煮も旨そうだったので買いました。最近は赤から系のもつ煮が多いのですが『まつしま精肉店』さんのはホントにもつが食べたい人におススメです。野菜やこんにゃくの方が多い?みたいなもつ煮と違ってたっぷりともつが入っていますので多めのネギと七味をアクセントにいただいてとても旨かったです(すみません、食べるのに夢中で写真撮り忘れてました)。
私的にはコロッケはそんなに食べられないのでもつ煮リピートしたい感じです。商店街ですがお店の前に駐車場も完備されているので買い物も安心です。ぜひ新町まで出かけてみてください。では今週もブログスタート。

突然ですがみなさんのお宅のトイレはほとんどが節水タイプですよね。実はこの”節水”がクセモノで、たまたまでしょうけれど先週1週間で3件の排水つまりレスキューの依頼があり、協力業者さんと話しているうちになるほどと思うことがあったので今日は書いてみたいと思います。

TOTOさんの製品比較ページより
「節水トイレ」で検索すると昔のトイレから最新型に変えると年間で水道代が○○ℓ分○○○円節約になります!というようなサイトがいくつもあります。最新型は渦巻型の水流でぐるーっと流すから少ない水で済むんですと。

おーそうかそうか、?待てよ、時とともにテクノロジーは進化してるけど人のカラダから排出されるモノはそんなに変わらないはず。ということはトイレの先の配管では。。。もうわかりますよね。

新築のお引渡し後にすぐに「トイレが詰まってしまって」という電話をもらう場合はほとんどが小さいお子さんがいたずらでトイレットペーパーを丸めてガンガン流して遊んでたとかおもちゃを落として流してしまったというのがほんとどです。

ですが先週は新築から5年あるいはそれ以上のお宅からのレスキュー要請でした。上のような特別なつまりを除いては通常配管がつまる原因は溶けきれなかったペーパーが徐々に積もり積もって流れを悪くするというケースがほとんどですがそれが何故今なのか?ということについて興味深い話がありました。

つまりの具合を調べながら職人さんが「節水トイレってウオシュレットを使うのが前提なんですよね。だからウオシュレットを使わない派で節水トイレ使ってるとよく詰まるんですよ。」と。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 私も知りませんでした。。。そうか!節水になったのはウオシュレットのおかげで仕上げに使う(こんな言い方ですみません)ペーパーの量が減ることを前提にメーカーが流す水を減らした結果だったのか!で、依頼のあったお施主様に確認すると「ええ、実は私使わない派なんです。。」とまさにズバリ。

じゃ2回流せばとなりますがそうなると節水では無くなるし。。。結論から言うとこの問題には最近は各メーカーとも対策されていて、洗浄水量は一律ではなくリモコン等で洗浄水量を増やすことができるようです。
リクシル製品の例

結果節水では無くなってしまうかもしれませんがご家族の使い方に合わせて調整するのが良いようです。

最近の配管詰まりレスキュー増に対する私の勝手な仮説として、以下の3要素が重なってつまり問題が顕在化したのではと思っています。
 >コロナ禍により手洗いが増える→ 石鹸で排水つまり気味:コレステロール発生
 >巣ごもりで家での調理が増える→ 油混じりの排水でつまり気味:コレステロール発生
 >巣ごもりで家でトイレ増える→ 節水仕様で排水つまり気味:排水を堰き止めるダム発生

この人が駆けつけてくれると心強いです
実際職人さんによれば緊急事態宣言以降出動回数が増えているそうです。
そんな職人さんの秘密兵器が超高圧洗浄。
先週の出動で私も初めてその作業の様子を見たのですがすごいですね。
ノズル先端から矢印のように後方に噴き出す高圧水の勢いでまるでホースが意思を持っているかのように配管の中をスルスルと進んでいって接続口まで辿り着き、戻りはホースを手繰り寄せることで内壁の汚れをかき落としながら帰ってきます。

実際の高圧洗浄作業の様子
これはさすがに一般の人には無理なので排水のつまりはプロに任せた方が良いですね。その際に世の中には水回りの110番みたいな会社がたくさんありますが、中にはお客様が困っているのにつけこんで作業後に高額な請求をするような悪徳業者もいまだにあるようなので、いざという時に困らないように近場で実績のある信頼できる業者の連絡先をあらかじめ調べておくのが良いのではないでしょうか。


今週はトイレは節水型に進化しても使う人間側はそうでもなかった、というお話でした。お食事中の方には失礼しました。

2021年1月23日土曜日

これから注目のお米ブランド「いちほまれ」美味しいです

 冬の時期は外構のメンテナンスが多くなります。庭木や草花が育つ時期には剪定が出来なかったりするので春に向けてアイデアを練ったり色々なご相談をいただきます。

私は昨年末から外構リフォームでカーポートを担当して先日お引渡しになりました。ちょうどコンクリ打設の時期が今年一番の寒気という時でスケジュール調整に苦労しましたがお施主様の新車納期にもなんとか間に合って良かったです。

工事期間中はお施主様の親御様が休憩の度にお茶を出してくださって、またその時に出る漬物シリーズがホントに美味しかった(*´Д`) 欲しくて言ってたわけではないのですが美味しいですねーと言い続けたら最終日には私も職人も漬物を手土産に持たせていただきました。ありがとうございました!

家で食べて家族も大絶賛、昨年はコロナの影響で実家に帰ることもなく、仮に帰ったとしてももう母親も漬物は作らなくなっているのでいただいた愛情こもった漬物をとてもありがたく噛みしめて味わっています。歳のせいでしょうか最近漬物と味噌汁がホントに旨いです。では今週もブログスタート。

ここでは何度も書いていますが私自身は新潟の魚沼産です(魚沼の中でも現在は長岡市に吸収合併された「北魚沼」)。同じく魚沼産と言えばコシヒカリ。自己紹介で「魚沼なんですよ」と言うと必ず「米どころですね。羨ましいですねー」と言われます。

確かに両親の実家どちらも米を作っていて、小さい頃は田植えや稲刈りの手伝いもして、家にいる間はずっと魚沼産コシヒカリで育ちました。しかし残念なことに魚沼さんコシヒカリしか食べたことが無かったので旨いかまずいかはわからずとにかく腹いっぱい食うことに専念してました。

群馬に勤めるようになってからお世話になった方や相方の実家にコシヒカリを持っていったりすると「おいしいね」「冷めてお弁当にすると違いが良くわかる」と褒めてもらってあらためてそんなありがたい米をろくに噛まずにかきこんで食べていたのかと、もったいないことしてたなと思った次第です。ですがそんな魚沼産コシヒカリに新たな次世代チャレンジャーが現れたので今日紹介します。

師匠がチャリをこいで川まで持ってきてくれた2kg。
その後この袋をバッグに入れたまま釣りを続けた私。
事の発端は正月に、例年だと釣り初めで川で新年の挨拶を交わす釣りの師匠から「今年は行けないけど渡したいものがある」と一通のメッセージが。そしてなんと私が釣ってる川までチャリンコでやってきて「ほんとに旨くてびっくりした米があるから食ってくれ」と差し出されたのがこの「いちほまれ」。お子さんが福井の大学へ通っていてたまたま「いちほまれ」の存在を知って、食べてみたらあまりにも旨かったので魚沼産コシヒカリで育った私にどうしても食わせたいと、コシヒカリの跡継ぎはこれだと、プレゼントしてくれたのです。

そして昨晩ようやく食卓に出て、相方曰く「貴重品種だと聞いたので袋に書いてあった手順の通りに研いで、水加減もしっかり合わせた」とのこと。


最近相方の健康志向で玄米の混ざった米が普通だったので白米自体が新鮮でしたがよーく味わって食べるともっちりした歯ごたえと甘みが絶妙で確かに旨い。さらに冒頭に書いた手作り沢庵を一切れと一緒に口に入れるとこぉれがまた旨い!たまたまこの日は野菜たっぷり豚汁(気をつけないと豚汁の豚抜きという日もあるので)で手作り沢庵→いちほまれ→豚汁のローテーションで無限に食える組合せ。

で、気になって調べてみるとまさに福井県農産部が打倒魚沼産コシヒカリをスローガンに掲げて開発した肝いりの品種であることが判明。しかもコシヒカリ自体も福井で開発された品種だったのですね。それがいつの間にか魚沼産がブランドになって開発元としては忸怩たる思いでそれを見ていたのでしょう、開発秘話にも並々ならぬ情熱を感じます。

→ 参考記事:お米の総合通販サイト彩々より

この「いちほまれ」からの挑戦状を「魚沼産コシヒカリ」がどう受けて立つのか、これから進む地球温暖化の影響で「いちほまれ」の高温登塾障害耐性(にわか勉強しました)が優位に立つのか、プロモーションをどうやって行くのかなどとても興味深いです。

ただし、やはりチャレンジャーも控えめで当面のライバルは「山形産つや姫」と「新潟産新之助」と言っているのでこちらも今度機会があれば食べてみたいなと思いました。米どころ出身としては恥ずかしながらこの2つのブランドは全く認知していませんでした(^_^;)

みなさんお気に入りのお米ってありますか??
まだあまり市場には出回っていないようですが「いちほまれ」見つけたらぜひご賞味ください。次世代スター(そうなることを期待して)がまだ売れない時代から知ってたんだよね、ってちょっと自慢できます。

やはりモノは開発にまつわる物語を知るとより一層愛着がわき、味わいも楽しみも増えますね。今週は私たちもモノは違えどモノづくりに関わる仕事をしているのでお客様に語ってもらえるモノづくりをして行きたいと改めて思ったというお話でした。

2021年1月16日土曜日

ヒトが我慢できないモノ

 先週久々にダッチオーブンで肉を焼いたという話を書きましたがその時にレンジフードの照明が切れていることに気づきました(家人はいつ切れたかまったく気づいていなかったそう。。)。ここは点灯時間がさほど長くないのでダイニングで使っている同じ40Wクリプトン球を外して移植して事を済ませ、比較的点灯時間の長いダイニングの電球をLEDに交換しました。

もともとコストコへ行った帰りにカインズで同じクリプトン球の新品を買おうと思っていたのですがコストコで同じ口金サイズE17で”アイリスオーヤマ製40W白熱球タイプLED全方向型4個入り”というのを発見したので今後のトレンドもあるので購入したのです。

以前洗面台の電球をLEDに変えた時に「顔色悪くなった」「シワ・ほうれい線が目立つ」と女子部に不評でしたが、さすがに今は技術が進歩してそんなことは無いだろう。。。と思ったのですが結論から言うと子供達から私すらも「顔色ワルっ!こっわ!」とゲラゲラ笑われてそんなに白熱球の演色は変わっていませんでした(*_*)

もう4-5年前になりますが省エネの提案で病院へ伺った時に「診察室をLEDに変えると全員顔色悪くて検査になっちゃうから」と冗談で言われたのを思い出します。

食卓に並ぶ食べ物の色もちょっと白っぽく見えて、器や箸の影もクッキリしてなんだか冷たい印象になってしまいましたがいつかはこれがスタンダードとして馴染むのでしょう。私としては温かみのある電球の光源と色をもっと忠実に再現したLEDが安価で普及して欲しいなーと思った出来事でした。では今週もブログスタート

昨年末に会社携帯をiPhoneSEに変えて、だんだん使い込んでiPhoneならではの使い方みたいなのも覚えてきてますます快適です。

スタッフに聞いても「前の携帯が遅すぎてイライラしてたのが解消されていいっすね」と。
確かに私もそうなのですがここでひとつ新たな悩みが出てきました。

iPhoneSEサクサクのせいでマイ携帯が遅く感じてイラっとしている自分に気づいてしまったのです。今までは速度の使用感で言うとマイ携帯>会社携帯だったので「あーマイ携帯は快適さね」と思っていたのがiPhoneSE>マイ携帯となってしまったのでプライベートで「遅っ!」と感じてしまうようになりました。

同じような感覚が昼のコンビニの会計でも。
「はいお願いしまーす。」「ピピッ」一歩前へ
「はいお願いしまーす。」「ピピッ」一歩前へ
「はい○○○円になります」「ジャラジャラ」現金かーい!
と時間としてはほんの数秒しか違わないのですがキャッシュレスに慣れたせいで現金決済が「遅い」という感覚になってしまうのです。

「いやいやこれではいかん、もっと気持ちに余裕を持っておおらかに。。」とは思うのですがやはり一度覚えたスピード感のせいでそれ以下を”遅い”とストレスに感じてしまうことは否めません。

日常生活では世知辛い世の中になったな。。で済むかもしれませんがビジネスにおいては今後の生き残り戦略において相当重要な要素だと思っています。お客様にコミュニケーションストレスを感じさせないことで”他社より快適”という評価を得て、何かあったらまず高崎テクノに声をかけようと思っていただくのが理想です。

今は電話・メールに加えSNSのDM機能やチャットなど様々なツールがありますがこれらをうまく活用してお客様に選ばれ続ける会社になるためにレスポンス時間の短縮と働き方改革という両方の課題をバランスよく改善して行きたいと思っています。

今週は一度味わったスピードによるノンストレス感は評価の尺度を変えてしまうので現状に甘んじることなく常に改善していかないといかんなと強く感じたというお話でした。

2021年1月9日土曜日

巣ごもりおススメの愉しみ方:今年のお正月は久々にダッチオーブンを取り出しました

 新年あけましておめでとうございます。とは言え各地でコロナによる緊急事態宣言が発出され、群馬県内も外出自粛などが要請されまだまだ感染収束の兆しが見えず予断を許さない状況が続いていますね。

そうなるとやはり家にいて自分の時間、家族と過ごす時間が多くなりその時間をいかに有意義に、そしていかに楽しむかということが重要になるのではないでしょうか。

私も今年は初詣や初売りには行かず、珍しく家で過ごす時間が出来たので久々にダッチオーブンを取出しステーキ肉を焼いてみました。

久々の男料理にご満悦
その様子は昨晩のインスタライブでも一部紹介したのですが”手間と道具と料理を楽しむ”という時間の使い方ができる巣ごもり期間の楽しみ方として、私は「お家でダッチオーブン料理」をおススメします。もちろん手軽なテイクアウトやデリバリーもいいですがたまには手間ひまかけての男料理いいですよ、家人には「たまにだからいいかも知れないけどこっちは毎日3食云々。。」と言われても一切気にせず、お気に入りの道具を使って旨そうな出来上がりをイメージして料理のプロセスと出来上がりの味を楽しみましょう。ちなみに昔は知人友人の結婚祝いには有無を言わさずLODGEのスキレットを送り付けていました。



さて「ステーキ肉を焼く」という単純なイベントでも
1.どこで、どんな肉を買うか
2.どうやって焼くか
3.どんな皿に盛りつけるか
4.付け合わせの食材はどうする
5.飲み物は?
これだけで家族の話はワイワイと十分盛り上がります。というかみんな好き勝手なことを言ってまとまりませんが旨いステーキが食いたいという一点で普段バラバラな家族がかろうじて結束するわけです。

そこで私が出資者として提案したのが「アメリカのロードサイドのステーキハウスで出る雑なステーキ」というテーマ。イメージは鉄板に網目焼きのついた肉がドーン、赤身で固い肉にバターが乗っかって適当に塩っぽいスパイスが振られていて。付け合わせはマッシュポテトとインゲンとコーンぐらいで十分かな、と。

一方家族はハイハイ能書きはいいからはよ食わせてくれと、ステーキ肉買うならコストコ連れて行けと。そうなります。

実際に正月のコストコへ出かけるとやはりコロナの影響かさほど人出は多くありませんでした。私以外の女子部はテレビに影響され「A○ランク」「黒毛和牛」というワードに引っ張られてサシの入った肉のパッケージを物色、私は心の中で(それはイメージと違うなぁ。。もっと赤くてパッサパサのガッチガチの肉だろステーキは。。)と思いつつも正月早々の出先でのバトルは避けたいので「好きなの選べよ」と大人の対応です。

これぐらいの焼き加減がいいのに「もっと焼いて」と
で結局選んだのは「ステーキ用A4黒毛和牛4枚パック」。あれA5ではないんだ?と思いましたが売っていたのがそれだったので。また心の中の私が(どうせこれをウェルダンでって言うんだろ?だったらサシいらなくねーか??)とぼやきましたがぐっとこらえて無事カートへ。

インゲンもイメージとは違いましたがメキシコ産なんちゃらというのを購入。コーンは缶詰20個は多すぎるので家にある在庫を使用。バターは無塩の2個パックを見つけて購入。誤算だったのが普段は置いてあるはずのマッシュポテトが見つからずやむなく断念、代わりに雑なステーキハウス感を出すためにオーブンで調理できるポテト2kgパックを購入しました。

これらを買って帰っても私は食材洗わない派なので家人は「なんやかんやで私がやるんじゃん」といいながらせっせとインゲン洗ったり、肉まで洗ってましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

(そうじゃないんだよ、雑にパッと焼いてパッと食いたいんだよ。どうせ焼くんだから洗わなくていいよ、どうせ一度洗ってあるんだから)というのもこれもイベントの一環、家族のコミュニケーションとグッとこらえて焼き係の出番を待ちます。

いざ焼き始めるとギャラリーが寄ってくる訳ですがここで上の子から「雷門みたいに煙で前が見えなくなっとるで」という突っ込みで思い出しました。他の換気扇切って窓も開けないとキッチンの換気扇フルパワー発揮できません。パントリーの換気扇OFF、勝手口ちょろっとOPEN。

拍手喝采の焼き目
そして私の自慢のグリルパンで肉をひっくり返してきれいな焼き目が見えるとおおーっと拍手喝采です✌家でお父ちゃんが拍手されるって、買ってきたテレビつないで初めて映ったとか切れたWi-Fi復活させてネット接続できたとかそれぐらいしかない訳で、貴重な瞬間です!これも「ステーキ肉を焼く」というイベントのおかげです。


冷めないように熱々の別のスキレットでテーブルへ。
脂がのってるのでバターは要らなかったかも。

あとはみんなで美味しく食べて(盛り付けにちょっとしたコツがありますが詳しくはインスタの動画で)いいねー、またやりたいねーとなり「次はどんな肉を焼く?」とまた次のイベント企画へと話がつながる訳です。それは学校のテストで100点とったらでも運動会で1位になったらでも逆上がりができたらでもなんでも良く、楽しいイベントの思い出としてつながって、「我が家の恒例」みたいになったら最高です。


私はというと食べ終わったあとのダッチオーブンをたわしで洗って、また焼き入れして、ショートニングでシーズニングして、錆びないように乾かして、新聞紙にくるんでしまうという儀式を通じて手間を楽しみます。そうそう忘れないようにパントリーの換気扇ON、勝手口の戸締り確認。これ、やっぱり毎日でないところがいいですね。ブーイングの中たまにしゃしゃり出てくる父親役を大いに楽しみましょう。

巣ごもりの楽しみ方はそれぞれだとは思いますが家族一緒に過ごした時間がずっと後からも思いだしてワイワイできるような記憶が繋がるイベント企画、特にダッチオーブンを使った男料理のシリーズ化、おススメです。

今週はほんとは赤身の肉が焼きたかったけど皆が笑顔で良かったというお話でした。
今年も引き続き毎週土曜日に投稿してまいりますのでよろしくお願いします。

今年のGWはドクダミの繁殖制御にトライ始めました

  半分雷雨で半分晴れという当日の霞ケ浦 今年のGWは皆さまいかがでしたでしょうか。私は密を避けながら2年ぶりに霞ヶ浦水系のバスを求めて遠征しましたが結果ボウズ( ̄▽ ̄;)  事前にYoutubeやwebで情報を集めていたのですがやはり普段釣り慣れていない場所でくるくると目まぐる...