2021年2月27日土曜日

音楽とそれにまつわる記憶ってすごいなと

 

今週からまた工場の営繕工事で解体→屋根特殊遮熱塗装&外壁塗装の現場に入っています。3度目のリピート工事なのでとてもありがたいお客様です。現場は主に屋根の上で風に吹かれて寒いですが信頼できる職人さん達と作業を進めて、毎日少しずつ現場が変わっていく様はとてもやりがいがあります。



屋根は古いスレートなので落下防止ネットや親綱を張って、解体ヶ所にはメッシュロードも敷設して安全対策には万全を期しています。

こんなスレート屋根が特殊遮熱塗装施工後にどのように再生されるかまたここでご報告しますのでお楽しみに。では今週もブログスタート。



以前にも書きましたが家では主にケーブルテレビの映画チャンネルを録画して夜寝る前にコツコツと見ています。途中で寝てしまうので1本の映画を見るのに1週間ぐらいかかることもありますが。。

それが予算編成のあおりか先月から映画チャンネルが1局減って、さらに映画チャンネルなのに音楽ライブが番組表に割り込むようになってきて、なんだかなーと思っていたら「ええっ!?」と我が目を疑うようなタイトルを発見したのです。”角松敏生 zepp東京ライブ2020”!!。

長野オリンピックの閉会式から
「角松敏生」と聞いてピンと来た方は私と同世代ですね。世間の方々にメジャーなのは”長万部太郎”として作った長野オリンピック閉会式の「WAになって踊ろう」でしょうか。

私にとっては大学に入ったばっかりの頃にクラブの先輩に「角松を聞いていればモテる」と聞いて「そうかーそうなのか、じゃあよくわかんなくても聞かないとな」と邪まな気持ちで聞き始めたのですが田舎者の私には空気感が都会的でなんともカッコよく、ベースの低音をベケベケ効かせながらカーステで流しながら「これが大人かー」と日本海沿いをバイトで買ったカローラ70号でドライブしたものでした。

zepp東京還暦ライブの様子
が、角松本人はメジャーなヒット曲が無く、他のアーティストに提供した楽曲はヒットしても知る人ぞ知るというか知らない人は全く知らないマイナー感は否めなかったので番組表にその名前を見た時は衝撃でした。しかも年齢的には私より上のはずなので過去のツアー録画ではなく去年コロナ禍の最中にZEPP東京でやりましたというのがさらに衝撃( ゚Д゚)。なので還暦を迎えた角松がどんなものなのかという怖いモノ見たさと懐かしさでついつい録画して見た訳です。

結果どうだったかというと。。。良かったですね。見た目はちょっと危うい感はあったのですが相変わらずおしゃれで、曲目も全部知ってるので(しばらく音楽活動休止期間があったようで曲のストックが私の記憶ぐらいで止まっているようです)見ているうちに学生の頃の無茶苦茶だったいろいろな思い出が蘇り、感傷的とまでは行かないですが全てが懐かしく感じました。少々音量を上げて見てたもので相方もやってきて「へー!まだやってたんだ!?」とびっくりしてました。

それからちょっと病みつきになって最近は家で何かするときはYouTubeで釣り動画をバックグラウンドで再生しながらというのがお約束だったのですがこの角松還暦ツアーを見てからはYoutubeでも角松コレクションを再生するようになって第2次マイブームが来た感じ。今聞いてもカッコいいので知らない人にはぜひ聞いて欲しいです。おススメはやっぱり「東京タワー」ですかね、これが「東京スカイツリー」では語呂が悪く決してこういう曲にはなっていないということも含めて。

今週は全然音楽には疎いのですが若い頃に一生懸命モテようとして聞いた音楽とそれにまつわる思い出が強烈に甦って一人同窓会をやったような気分になったというお話でした。

みなさんもきっとそういう曲やアーティストいますよね。今はYouTubeという便利な道具があるのでぜひもう一度聴いて見てください。気持ちだけはあの頃に戻りますよ!

2021年2月20日土曜日

今コストコで買うべきフード1選

 

いよいよコロナワクチンの接種始まりましたね。当社ではインフルエンザ予防接種の費用補助制度がありますが利用者は半分もいません。予防接種は人それぞれ体質も考え方も違うので受けるか受けないかの判断は異なると思います。ちなみに私はインフルエンザも毎年受けていてコロナも順番が来たら受けるつもりです。

で、その順番がいつ頃になりそうかというのをAIが診断しますというアプリを今朝テレビで紹介していたので早速興味本位ですが使って診断してみました。→ アプリをダウンロードできる「ニュースダイジェスト」のページ


結果7ヶ月~10ヶ月以内ということでジムニーの納期よりちょっと短いくらいの判定でした。使い方はいたって簡単で住所と年齢・職業・基礎疾患の有無などを入れるだけ。

何に役立つかと思ったのですが今と同じようなマスクと外出自粛が私自身はあと7ヶ月~10ヶ月は続くことがわかったのかなという感じ。オリンピックのボランティアの方々は優先度が上がったりするのでしょうか。今のところこのアプリにはオリンピック関連の選択肢は無かったです。とりあえず今はまだ粛々と感染防止対策に努めて行きましょう。では今週もブログスタート。

先週ジョブ型の話でなんか固いし怖そうだなという印象を持たれた方もいるかもしれませんので今週は好感度アップを狙って( *´艸`)バランスを取るために仕事とは関係のない、みんな大好き「食」のお話です。

営業時間短縮の影響などで外食の機会が減った分巣篭もり需要は増加して家で食事を楽しむ機会が増えましたね。私も先月はでっかい肉を焼きましたという記事を書きました。そんなわけで今もコストコへ行くことが多く、フードコーナーでは新商品が出たり消えたりするなかで私の一押しを発見したのでみなさんも是非トライしてみてください。

ウチの子供達が好きな台湾まぜそばなどはほぼレギュラー化していますが今日紹介する商品が果たしていつまで店頭に並ぶのかはわかりませんのでぜひ早めの購入がおススメです。

”ド”が二つ入ってます
その商品名は「スロークックド プルドポーク」。馴染みのない方たちには「なんやなんや??」という名前ですが中身は「チョップドポーク」と「コールスローの一歩手前ぐらいに刻んだサラダ」です。それにバーベキューソースがついてます。

大好きで通ったバーベキューハウスのチョップドポークいつかまた食べたいなと思ってい

今回はディナーロールを使って、ポークはレンジで温めていただきます

たので私は見た瞬間に「これ買うべー!」となりましたね。バーガーにしてはさむバンズも探したのですが店内では見当たらず、他の店によるのも面倒なので定番のディナーロールを購入してミニバーガーが出来上がり。



ミニバーガー風にできました
最初はソース無しでひとつ、旨い!v( ̄Д ̄)v イエイ

次は同梱のバーベキューソースをかけて、そうそうこの味!旨い!v( ̄Д ̄)v イエイ

その次はタバスコで辛みを足して、やっぱり旨い!v( ̄Д ̄)v イエイ


何個も食べるときはタバスコで味変
ひとりでテンションあがるおじさんに家族は若干引き気味でしたが旨いものは旨い!

もう何しても旨いのでピタでもナンでもはさめるものは何にはさんでも間違いなく旨いし、チョップドポークはカレーにトッピングしてもどんぶりにして白メシにもあうと思います。


”スーパースタッフ”の仕上がりイメージ
こうなると次なる野望は私がずっと日本で再現したいと思っていた”スーパースタッフ”の製作です。”スーパースタッフ”は冒頭に書いたバーベキューレストランの看板商品で地元のスタッフに勧められて食べて一発で大ファンになった”巨大スタッフドポテト”のことです。でっかいふかしたテキサスサイズのジャガイモをぱっかり割ってそこにどっさりチョップドポーク(もちろんビーフもあり)をはさんでサワークリームとバターを乗せてベーコンチップとチーズとネギをちりばめて豪快に食べます。ステーキハウスのような前菜では無くメインとして食べます。付け合わせはフライドオクラとオニオンリングで口が飽きた時にかじるハラペーニョと唾液が吸い取られても流し込むコークがあれば最後まで一気食いできます(*´Д`)

コストコ以外のスーパーでも探すんですけどスーパースタッフができるほどの大きなジャガイモ(ラグビーボールみたいな形の)日本では見つからないんですよねぇ。。。どなたかでっかいジャガイモの情報がありましたらぜひお知らせください!そして私の知らないチョップドポークのアレンジレシピもぜひ!

今週は久々におじさんのテンションが上がったコストコの新商品紹介とその記事を書くうちにアメリカのメニューはやたらと”ド”がつくなーと思ったというお話でした。

これを読んだら今すぐコストコへGo!

2021年2月13日土曜日

社内も採用もジョブ型へ移行しつつあります

 最近は外食の機会も減り、それはイコール家で食事を用意する機会増となるので家人の負担を減らしてあげようと、たまに会社帰りにお弁当を買って帰ることがあります。夕方も遅い時間なので割引になっていたりして、私は家族にも「SDGsの観点からフードロス削減のために割引弁当を買ってきた」と公言し、最近までは「お得だったし環境にもいいことしたね」と高評価だったのがどうも最近違う評価になってきました。それが今話題の”ポイ活”です。

ポイントをいかに効率的に貯めて、お得に使うか、極端になるとGO toキャンペーンの”鳥貴の錬金術”みたいな話になってしまいますが私はゲーム感覚でいろいろなアイデアを考えるのは楽しいしもらえるポイントはありがたくもらって有効に使えばいいと思います。”ポイ活”情報交換できるサイトやSNSコミュニティもあるようですね。

それはともかく何が問題かというと私が買い物して買えると家族から「今日は●●ペイ使ったんか?今なら△△は〇〇%ポイント還元だよ!」と、感謝の前にポイント還元チェックが入ったりするようになってきたのです。子供達からは「おじさんはこういうの苦手だから」とインストラクション画像やお得な広告がメッセージで送られて来たりします。これはもう”ポイハラ”か”ポイ活警察”ですね。

キャッシュレス化とコロナ対策で現金でどうなの?みたいな雰囲気からとうとうポイント還元使わないってあり得なーい!!という風潮に勝手にストレスを感じる今日この頃です。会社ではICT活用や補助金活用を謳っているのですが誰でも家と会社は違いますよね。

ちなみに子供たちの指導によればau Payの場合(ウチはJCOMのセット割で全員auということもありまして)今はローソンでチャージしてau Payで支払うのがダブルでお得で還元額には上限があるからポイント還元の上限を超える場合は2度に分けてレジに行くんだよとのこと。もう恐ろしいです(;゚Д゚)

いちいちメガネ出してちっさいスマホ画面いじってそんな面倒なことできるかーい!!という訳で前説が長くなりましたが今週もブログスタート。

そんな世の中の変化を社内に向けて見てみると仕事の評価もコロナの影響でだいぶ変化してきました。テレワークを前提した評価システムを組むとどうしても成績重視、ルーチンワークはRPA化、外注化、営業の追客だってMAの方がいいでしょ?みたいな話が出てきます。

当社としてもこれからより一層人材の流動化が進む(これもコロナの影響でだいぶ早まった気がします)中で今のスタッフも、これから仲間になるスタッフもやりがいと緊張感を持って仕事をしてもらうための仕組みづくりに取り組んでおり、今期からは「ジョブ型」評価も取り入れています。※ジョブ型とメンバーシップ型については様々な記事が出ていますのでそちらを参照してください。

基本的には年齢・性別・経験に関係なく決められた職務で結果を出せばそれだけ評価されるという若くてやる気があって成果も出せて「なんであの年寄りがオレ(わたし)より高い給与もらってんの!?」みたいなことがなくなり、逆に成果に関係なく「今まで何年勤めたのでこれくらい給料もらってました」という人にとっては戦々恐々とする制度だと思います。

私の経験からすると外資系でトップダウンでやる以外はジョブ型とメンバーシップ型を日本風にアレンジしたうまい方法を見つけて社員のモチベーションとプライドの両方をバランスよく維持することが重要になると思っています。

私自身は以前アメリカで働いた経験があり、人の採用も担当してガチガチのジョブ型を体験しているのでその良さも大変さも少しはわかっているつもりです。ジョブ型でまず何に苦労するかというとjob description(職務分掌)の作成です。採用する側もされる側もきっちりと「あなたの仕事はこれとこれとこれです。KPI(評価指標)はこれで、報酬にはこのように反映されます」ということを決めます。大変ですが逆にこれがあるおかげで曖昧なことが少ないため急に穴があいて採用してもすぐにフィットするというメリットもありますし能力不足であれば辞めてもらうこともできます(その後の裁判も多いです)。もちろん仕事の能力で求人するので日本の履歴書にあたるファイルには年齢や性別を書く欄はありません。

当時私が現地で苦労したのが「5S」と「カイゼン」という日本的な文化を取り入れようとした時です。会社は製造業だったので日本流にまずは5Sでムダを見つけてそれをカイゼンするというスタイルで行くとまず「掃除は掃除係がいるでしょ。私は掃除をするために会社に入ったのでもないし、契約にも書いてない」と。さらに印象に残っているのが図面の管理をしていた女性に「これをこうしてやれば今の労力の半分で同じアウトプットが出せるよ」とアドバイスしたら真顔で「そんなことしたら私の仕事が無くなるから絶対にやらない!!」と怒ったことがありました。

そうか、と。日本式雇用ではカイゼンすれば自分の仕事が楽になり、仮にその作業が無くなっても他の場所、他の部署へ移動すればいいやということでカイゼンに前向きに取り組むし、そもそもムダが許せないという国民性もあるかもしれません。しかしジョブ型で採用すると極端な例かもしれませんが先ほどのようなことも起きるわけです。

私はこの話を家族にするとすごく嫌がられるのですがレストランで言えばこうです。
オーダーを取りに来るのはいわゆるブロンドの白人女性。「Good choice!」からの「Enjoy!」「Thank you! Have a Good day!」明るく人懐っこい人な訳です。ところがナイフを落とすと「それは私じゃない」と私が住んでいたテキサスでは別の南米系のスタッフが出てきてニコリともせず片付けて変わりのナイフを置いていく訳です。それを見て私は大変な国だなと思うのですが片付け係の彼女からしてみるともしオーダー係がナイフを拾ったりしたら仕事を奪われたことになるのかもしれないし、オーダー係はお客様を待たせてチップが減ったりするのかもしれない、結果としてお店全体の評価が下がり売り上げが減少するかもしれないのです。

なので外で食事をする際に家族に話すのですが「空いた食器を重ねるとか、自分で何かメニューをを探したり落とした箸を拾ったりするのはここで働く人たちの仕事を奪うことになるから止めな」と半分冗談で、半分本気で言います。もちろん家族は日本人的な考えで「こんなことでいちいち呼び止めたりしたら店員さんの迷惑になるし感じ悪い客と思われるから」と言います。

そうなんですよね、日本人て(ひとくくりにしてすみません)人からサービスを受けるのが苦手なんですよね。「ありがとう」の前にすぐに「すみません」が出ちゃいます。でもサービス業の人たちはサービスを提供することで商売している訳でサービスを提供するチャンスを奪ってはいけない気がしてそのような話を家族にしたのです。「店員さんがすごく親切で感じのいい対応だったからまたあそこの店に行こうね。」という印象を与えるプレゼンチャンスを奪ったのでは??と思いませんか?。

長くなりましたが今はまさにコロナのせいで買い物は通販で十分→実店舗いらない、食事はお店で食べなくていい→テイクアウトかデリバリー(これは新たなサービスですね)と今までは人や場所がサービスとして付加価値を得ていたものがオンライン化、セルフサービス化することで私たちが今までお金を払っていたことに対してこうすれば実はお金を払わなくてもいいんだと気づいてしまった以上ビジネスモデルを転換せざるを得ない状況になっているのです。

となるとサービスを提供する側の私たちもお客様に選ばれるためにサービスの提供の仕方を変え、それに合わせて働き方や評価の仕方を変えていかないと生き残ることができません。その中のひとつがジョブ型の採用なのですが私自身はやはり文言にできなかったり数値に表せない仕事や評価というのがあると思っています。しかしその肌感のような感覚的なものはリモートでは非常に伝わりづらく、zoomのように顔が見られるならまだしも数字の集計だけでは一切伝わりません。個人的にはジョブ型にもやはり日本人的な目に見えない努力を評価したり支えたりする仕組みを入れて行かないと欧米型のまんま導入は難しいと考えていて、その仕組みづくりに頭を悩ませています。

同じように家づくりもそうですよね。気密がいくつ、熱還流率がいくつ、耐震等級いくつってそれだけならどこで建てても数字を合わせればよいだけで、数値では表せない言葉に出来ない心地よさとか使い勝手の良さが私たちが家づくりで提供するサービスの本当の付加価値なんじゃないかと。その価値を感じてもらうためには時代に逆行するかもしれませんがVRなどではなくリアルな「体感」と人と人とのコミュニケーションが重要だと思っています。

今週は今後ジョブ型必須とはわかっていながらも浪花節的な思いも捨てられず試行錯誤していて、でもすでに走り始めていますというお話でした。時代とともに正解は変わると思うので走りながら考え続けます。

2021年2月6日土曜日

「Firework」カッコ良すぎだろ!と思いませんでした??

 今日は風もなく穏やかで少しずつ春が近づいていることを感じさせる陽気でしたね。とは言え相変わらず私も含め、みなさん新型コロナ対策に神経を使いながらの生活が続いています。そんなところへ今週びっくり( ゚Д゚)というか呆れるニュースがありましたね。

-「新型コロナ接触確認アプリ 一部で検知や通知行われず」-
今どきこんな話があるなんて。。と驚かれた方が多いと思います。それも一番感染が拡大していた時期に機能していなかったとは。当社でもスタッフにcocoaインストールして、Bluetoothオンにして、と通達していましたし、幸いスタッフやその近くで感染者は出ていなかったものの一歩間違えば大変な話です。※会社携帯昨年末からiPhoneにしていたのでもうアンドロイド版の不具合は気にしませんが。

やはり机上での確認では無く、最後は実機によるフィールドテスト重要ですよね。これからのVRによる疑似体験やリモート時代のもろもろの開発課題かもしれません。固い話で始まりましたが今週もブログスタート。

Youtubeからのスクショです
私はここで政治的な話をするつもりは全くありませんがアメリカの新大統領就任式特番でのケイティ・ペリーが「Firework」を歌うシーンがあまりにもカッコ良くて思わず泣きそうになったという件について今週は書かせてもらいます。カッコ良かったですよね?ね??

アメリカでは建国記念日が近づくとロードサイドの至る所に”Firework”の出店が出て、日本だと花火職人じゃないと上げないような大きさの花火まで Buy One GET TWO Freeeee!ぐらいの勢いで売られます※私はその看板で英語で花火とオマケ付き販売を覚えました。

そして7月4日当日の空は花火だらけ(自治体に寄りますが)になり、夏は夜釣りと決めていた私は「どうかタチの悪い酔っ払いに絡まれませんように」とお祈りしながら夜中に湖まで走ったのを思い出します。そしてちょうどアメリカ最後の年ぐらいに冒頭のケイティ・ペリーの「Fireworks」がよくラジオから流れて「うわー、テンション上がるなー」と、でも歌詞まで全部聞き取るヒアリング力は無いのでネットで和訳を調べて「うわー、結構メッセージ重いなー」、MV見て「うわー、やり過ぎだろー」ととても印象深い曲だったのです。

特に当時の私に刺さったのはこの部分です。何と訳すかは読んでいる方にお任せしますがいろいろと病んでいたのかもしれませんね(*´Д`)

”Maybe you're reason why all the doors are closed”

”So you can open one that leads you to the perfect road”

その後わざわざwebで検索して聞くというようなことは無かったのですがちょうど先日の就任式特番をニュースで見た時に「おおっ!あの曲じゃん!ここでそれ使うか!?」と思い出し、Youtubeで探して見たという訳です。

”And now it's time to let it through” 花火ドーン!

”Cause baby you're a firework” 花火ドーン!ドーン!

”Come on show 'em what your worth
Make 'em go "Oh, oh, oh!"” スターマインドーン!ドーン!


で大統領夫妻の背後からの絵でまたドーン!って歌詞の内容と新しい時代の幕開けのセレモニーと花火ドーン!って演出カッコ良すぎだろ!!と。

アメリカの人達ってスーパーボールのハーフタイムショーとかもそうですがとにかく盛り上げる演出がすごいですよね。何言ってるかなんて正確にはわからないけどとにかく会場の一体感と高揚感を煽る演出力がすごいと、それに私は感動します。

ちなみに私は新潟出身で長岡の花火で育ったので、群馬に来て見た某花火大会のあまりのがっかりにそれ以来二度と花火大会に行かなくなったのですが流石に今回の演出にはやられました。どうせならあの花火は長岡の花火職人の演出だったら完璧なのにと勝手に悔しがってしまったほどです。

そしてこんな演出思いつく人たち以上に面白くて楽しいモノを日本人が作れるのかいな。AppleもAmazonもGoogleもFacebookもテスラもみーんなそうだもんなー、などと飛躍した心配までさせられるほどの破壊力。それぞれ信じてやりたいと思ったことにかける熱量に圧倒されます。

私自身はそんな大企業と張り合うことはできませんが家づくりを通じてこんな感動をお客様に与えることができたら最高だ!と勝手にライバル設定。仕事の成果物でも、仕事のやり方でもいいので「カッコ良すぎだろ!」と言われてみたいですね。

今回は全くレベルが違いますが「Firework」に大いに刺激を受けて目標が出来たという話でした。
最終的に花火職人になろうということでは無いので誤解のないようにm(__)m

Webに置き換えられた人は何処へ??

  クリスマスローズは色違いで3種類くらい植えてます 今日は北風が吹いて急に冷え込みましたがこのところの雨と暖かい陽気で庭の草花が一気に伸びて来ましたね。自宅の庭には手のかからない(正確には野放し状態の)宿根草を何種類か植えているのですがクリスマスローズはとても丈夫でこぼれ種でど...